採用BLOG

【Interview】クリエイターとともに、新たな市場を切り拓く!UUUMの音楽事業


現在採用サイトで募集している<音楽制作(宣伝)><バディ(音楽活動サポート)>職の魅力や求める人材像について、音楽担当バディチームを統括する執行役員の笠原と、音楽制作グループ、リーダーの南野にインタビューを行いました。

当職種にご興味のある方は、ぜひご覧ください!

ー早速ですが、音楽チームの業務概要について教えてください。

南野 クリエイターから楽曲をリリースしたいと要望があった際に、企画から楽曲制作、宣伝、流通周りなどを全て一気通貫で担当するというのが、僕の所属するライブ・エンターテインメントユニットの音楽制作グループの業務です。現在、UUUMでは音楽レーベルを3つ運営しています。

笠原 具体的な楽曲制作・イベント制作などは南野くんのチームが担当していて、私の方では主に音楽事業に携わるバディのチームをみています。クリエイターが楽曲制作をしたいと言ったときに、「どこを目指して活動をするのか」という「想い」や「夢」に寄り添って、俯瞰した視点で推進をするのが、音楽事業に携わるバディの仕事です。そのクリエイターが目指す姿を実現するためにはどんな楽曲を制作するべきなのか、YouTubeをはじめとした各プラットフォームでの活動と音楽活動をどんな風にリンクさせていくのか。活動の根本となる指針を一緒に考えて寄り添っていく、というのが私たちのミッションです。

ーこの事業の面白さ・難しさについて教えてください。

南野 音楽の最大のアプトプットとして1つ、ライブがあると思うのですが、やっぱりあの瞬間は最高に面白い・この事業をはじめてよかったなと思う瞬間ですね。音楽だからこそ生まれる会場の一体感も勿論、これまでUUUMでは提供できなかった新しい価値をファンの方々に提供できたと思える瞬間であり、クリエイターに活動の幅が広がるサポートができていることを体感できる瞬間でもあります。あとは、音楽活動の延長線上で、クリエイターがこれまで出る機会のなかった音楽系フェスやイベント、番組に出演しているのをみるのも、じんとくるものがありますね。

望月 一方で課題としては、動画クリエイター×音楽の事例が、UUUMとしてある一定規模までしか実現できていない、ということにあると思っています。音楽の世界って「武道館でライブしました」「スタジアムツアーをやりました」とか「YouTubeで1億再生しました」とか、そうした共通の成功指標とも言えるべきものがあるんですよね。しかしまだUUUMでは、そうした絶対的な成功事例を生み出すことはできていません。私たちが音楽という世界で実現できていることは、規模的にも内容的にもまだまだ限定的なことであるという自覚はありますが、そこが面白い部分でもあるとも思っています。なかなか一筋縄ではいかないとは思いますが、クリエイターやファンの方々のためにまだまだできること・やりたいことが山ほどあるのが、今のUUUMの音楽事業です。

ーどんなスキルが必要なポジションでしょうか?

笠原 音楽業界でのアーティストマネジメントや音楽制作、周辺のマーケティング業務などの実務経験はいずれのポジションでも必須です。UUUMが音楽業界で勝つためには、これまで大手レコード会社がやってきたことをそのままやろうとしても勝ち目はなく、UUUMらしい・クリエイターらしい音楽の文化を0から創造しなければならないと思っています。本募集ポジションにおいて先に述べた実務経験を必須とさせていただいているのは、既存の音楽業界についてある程度の知識や経験がなければ、そうした新しい文化を生み出すことは難しいと考えているからです。

ーどんな方にご応募いただきたいですか?

南野 固定概念に捉われない方がいいなと思っています。僕自身が音楽業界出身だからこそ思う部分があるのですが、音楽業界って長い歴史を持つ業界なので、固定概念やこれまでの慣習に捉われてしまう人が少なくはない印象です。ただ、これまでにない新しい取り組みや挑戦を続けるUUUMにおいては、柔軟性のある方にこそお越しいただきたいなと思います。

笠原 経験と柔軟性のバランスっていうのはすごく大事だなと思うので、そのあたりのバランス感覚に優れている方にはぜひご応募いただきたいですね。あとは、自分で考えられる人、クリエイターと一緒に成功したいという強い意志を持っている人じゃないとお互いにとって厳しい環境だと思うので、そうした自分の考えや思いを持った方に入社いただきたいなと思います。特に、これまでに音楽業界におけるソーシャルを使ったプロモーションやクリエイターの取り組みに関わったことがある方・そうした方面に強く興味があって挑戦してみたいという思いがある方は大歓迎です。

―最後に未来のアソビナカマに向けて一言、メッセージをお願いします!

南野 クリエイターへの音楽サポートや楽曲制作はもちろんそうなのですが、もっとチャレンジングなこととして、これからはスカウトや発掘・育成にも力を入れ、オーディションなども積極的に仕掛けていきたいなと思っています。僕らが活躍できる道やステージは必ずあると思うので、そこを一緒楽しく切り拓いていきたいと思ってくださる方のご応募をお待ちしています!

笠原 極端な話をすると、音楽事業に携わるって、例えば1年が365日だとして、そのうち364日が大変な日なんじゃないかって思うくらい、しんどいことも多い仕事だと思うんですよね。ただ、残りの「この仕事、やっててよかった」と心から思える最高の1日のために頑張れてしまうのが、音楽という事業に携わる醍醐味でもあるとも思っています。私たちは、その1日のためなら仲間ともに踏ん張ることのできる方のご応募をお待ちしております。目指すは、「ドーム公演」です!冗談ではなく、いつかそう遠くない未来に、クリエイターとともに実現したいなと本当に思っています

※掲載内容は公開日時点のものです

 

▶︎UUUMの<音楽制作(宣伝)><バディ(音楽活動サポート)>職の採用に関する情報はこちら

資料の請求や担当者へのお問い合わせはこちらから