採用BLOG

【中途採用】<ゲーム企画運営>職を目指す方へ


現在採用サイトで募集している<ゲーム企画運営>職の魅力や求める人材像について、<ゲーム企画運営>職が在籍するライブ・エンターテインメントユニットを統括している、執行役員の笠原にインタビューを行いました。本記事では、募集概要よりも、よりリアルな本ポジションへの期待をお伝えできればと思っております。

当職種にご興味のある方は、ぜひご覧ください!

 

ーどんなことをお任せするポジションでしょうか?

現在ライブ・エンターテインメントユニットで営んでいる、ゲーム事業を軸とした企画立案とその進行・運営といったところになります。ゲームを作るための企画立案、ゲームをどんな内容にするのか、クリエイターとどのような絡み方をするのか、外部の協業先とどういう座組みでやるのかを検討し折衝を行うことで、魅力的で面白いゲーム作りという“コンテンツ性”と、収益を生み出すことのできる“事業性”の両立を実現してほしいと思っています。

ーどんな方を求めていますか?

ゲームの企画・運営やマーケティングに広く関わってきた経験があるという方だとベストではありますが、現状、大きなゲーム会社になればなるほどかなり縦割りが進んでいると思うので、これまでゲームの運営・プロモーションのいずれかに関わっている方であれば、「自分が経験してきた工程だけではなく、自分が携われる領域を広げたい・業務の幅を広げたい」というチャレンジ意欲がある方でもいいのかなと思っています。

また、もっと言えば、様々な意味でゲームを育てていこうという意思のある方がいいなと思います。ゲーム単体で高収益をあげるというのももちろん1つの目標なのですが、プラスアルファとしてそこから生み出されたものをいかに活用していくかということも意識できる方だといいなと。キャラクターグッズができたり映画になったりと、IPとして活用できるようなゲーム作り、ゲームを軸にした事業展開にチャレンジしたい人がベストです。逆に「運営をしたいです」「マーケティングがしたいです」など、特定の領域に集中したいという人には、あまり向いていないポジションかなとも思います。

 

ー最低限、どんな知識やスキルが必要でしょうか?

先ほども少しお話しさせていただきましたが、ゲームの運営や、ゲームのマーケティングを経験したことがあれば問題ありません。ゲーム事業を営むチームは立ち上げフェーズの小さな組織で、役割・ポジションを超えて縦横無尽に動く事が求められます。そうした状況ですので、知識やスキル以上に「レッドオーシャンのゲーム業界において、どのようにポジションを取りにいくのか」という高い意識を持っていただくことが重要です。もちろん「面白いゲームを作る!」というのは大前提ですが、そのために全ての時間を使ってしまうと、私たちの現在の優先順位はそれが全てでは無いので、少しすれ違ってしまうかもしれませんね。もちろん良いものは作りたいと思っているのですが、ゲームという枠を超えて事業を0から1を作りたいという人にジョインしてほしいなと思います。

あとは、折れない心、短いスパンで自分の中でPDCAを回していける力は必須です。正直なところ、UUUMはゲーム業界においては、何の知名度もポジションもない状態ですから、課題を抱える回数も多いんです。そのため、様々な協業先であったりクリエイターであったりと会話しながら、目の前の業務を改善していける人でないと厳しいかなと思います。

ーこのポジションとしてUUUMで働く魅力について教えてください。

何やってもいいよ、っていうことですかね。ロジックを組み立ててくれれば、基本止めません。プロジェクト事業の収益性の根拠であったり、それが面白いと思えることであったり、それがちゃんとみんなが納得する形であれば、もちろんいきなり1億、2億の開発を任せたりは難しいですが、私たちの資本の中でできることは順番にやっていっていいよというのは、何もないからこそ言えることかなと思います。

ただ、期待値はあげすぎないでいただきたいなとは思いますね。まだ、UUUMの中でもすごく小さな1事業にすぎなくて、キラキラしてるわけでもないし未来が約束されてるわけでもないですし。正直な話、この事業がこの先どうなるかはわかりません。でも、間違いなく可能性があると信じていますし、その可能性を一緒に信じて強い意思を持って泥臭く働く仲間を探しています。まだ小さいからこそ事業の可能性も、そこで働くスタッフのポジションも無限の可能性があるのかなと思いますし、ベンチャーであるUUUMの中でも、最もスタートアップといえるような環境下にある事業かもしれません。

 

▲UUUMが運営するゲームの1つ、「青鬼ONLINE」
 

ーこれからゲーム業界でUUUMがポジションを取りに行く上での、強みはなんでしょう?

クリエイターの力こそが、市場を取りに行く武器だと思っています。スマートフォンゲーム市場が超レッドオーシャンであることや、コンソールに回帰している側面もあるということは理解しているのですが、UUUMの強みは間違いなくクリエイターの力にあるので、クリエイターとクリエイターのそのメディアとしての力をどう活用していくのか、そこを活かせないと既存のプレイヤーに勝てないと思っています。

ー最後に<ゲーム企画運営>職を志望する方に向けて、メッセージをお願いします。

UUUMの事業に可能性を感じてくれるとかクリエイターが好きであるとか、そういう根っこがあるような、何か大変なことがあっても一緒に踏ん張れるだけの思いを持っていることが大事だなと思いますので、そうした点にぜひ当てはまる方にはご応募いただきたいなと思います。あとは、ちゃんとこの人はこれを成し遂げたんだ、何を経験してきて何を得てきたのかというのがわかりやすい人・伝わってくる人に魅力を感じるので、そうした部分をぜひ面談でお聞かせいただきたいなと思います。

▶︎UUUMの<ゲーム企画運営>職の採用に関する情報はこちら

 

※掲載内容は公開日時点のものです

資料の請求や担当者へのお問い合わせはこちらから