採用BLOG

【Interview】異業種からの挑戦。スカウト、バディ、チャンネル運営…経験を積んでより面白い仕事を!


ー早速ですが、仕事内容について簡単に教えてください。

チャンネル運営を行うチームの、マネジメントを担当しています。UUUM TV・UUUM GOLF・UUUM MANGAはUUUM独自のチャンネルなのですが、それ以外はクライアントとともに運営しているチャンネルです。チャンネルでの活動を通じてクライアントが実現したいことを企画し表現するチャンネルもあれば、著名人やキャラクターなどがファンに向けて情報発信・表現する場としてのチャンネルなど、その目的や思いは、チャンネルによって異なります。それぞれのチャンネルが掲げる夢や目標の実現に向けて、どんな企画でどんな動画やイベントを行っていくのか、日々企画・提案・実行していくのが僕らの仕事です。

ーUUUMに入社したきっかけについて教えてください。

昔から動画を見るのが好きで、よくUUUMクリエイターの動画を観ていました。ただ、当時は彼らがUUUM所属のクリエイターだということなんて知らなくて(笑)。UUUMを知ったのは、クリエイターの動画を見ているうちにたまたま見つけた、UUUM初のイベント“握手会”の告知動画がきっかけです。実際にそのイベントにもファンとして参加したのですが、その中でUUUM Tシャツを着てカメラを回したりサポートをしたりしている人を見て「なんだこの人たちは?」と不思議に思ったのが最初です。イベント後に気になってなんとなく調べたらUUUMのHPがあって、そこで初めて“UUUM”が会社名だったということを知りました(笑)。……実はもともと僕は、システムエンジニアだったのですが、当時ちょうどUUUMがエンジニアを募集していたので、楽しいことを仕事にできるのであればそれに越したことはないと思って、とにかく楽しそう、やってみたいという思いだけで転職することにしました。内定をもらってから入社するまで、全く迷いはありませんでしたね。

ー入社されて、実際どうでしたか?

最初の仕事が、“くす玉を買ってくること”だったのにはびっくりしました(笑)。入社日が、UUUMネットワークのニュースリリース日だったんです。そんな感じでくす玉を買った後は、UUUMネットワークで提供しているサービスの開発に、入社当日からがっつり携わらせてもらいました。前職で担当していたのが銀行系のシステム開発で、長年にわたって大きく開発したものを長く保守・運用していくというような仕事だったのですが、いきなりスピード感ある仕事を任されて、UUUMのスピード感というか、ベンチャーならではのやりかたを肌で感じることができたのが、忙しかったけれど楽しかったのを覚えています。

ーエンジニアとして入社された小俣さんが、チャンネル運営を担当されるまでの経緯について教えてください。

結構いろいろ経験していますよ!エンジニアとしてしばらくサービス開発に携わった後は、ネットワーククリエイターに対してサポートを行うネットワークチームに異動。その後またしばらくしてスカウトチームに異動になり、スカウトチームでは単にクリエイタースカウトを行うだけではなくバディも担当し、マネジメント・サポートを行っていました。

ーそこからチャンネル運営チームへと異動されたのですね。

そうですね。もともとエンジニアとして入社してから、ありがたいことにいろいろな経験をさせてもらっていると思います。ただ、チャンネル運営チームへの異動を聞いたときは、正直悩みましたね。クリエイターのことが大好きだし、バディという仕事も大好きだったので……。最初は異動の話を聞いたときに、「それってUUUMで僕がやるべき仕事なのかな?」と疑問に思っていた部分も大きかったんです。でもチャンネル運営チームがあるメディアユニットの現状を聞き、「会社としてこれから注力していきたい重要な領域なんだ、だからこそ小俣くんにお願いしたい」と言われて、「それならばぜひ」ということで、覚悟を決め、異動することにしました。

ー特に印象に残っている仕事はありますか?

クリエイタースカウトですね。スカウト業務って、会社のことを1から10まで全部話せなければいけないんですよ。ちゃんと理解していないと説明ができないので。僕らが介在するメリットを如何にして理解してもらうのか、UUUMに入ってもらうことがゴールではないので、夢を叶えるために、UUUMがどのように力になれるのかということを伝えるのを意識していたなと思います。スカウトするからにはそのクリエイターのことを知らなければならないし、当時2万チャンネルくらいは見ていて、たぶん当時なら国内のほとんどのチャンネルについて話ができたなっていう自負があります(笑)。クリエイターによってチャンネル運営に臨む姿勢や思いが1人1人違う、と気づいたのもこの時期です。高校生でゲームが楽しくてゲーム実況をやっているという人もいれば、お父さんが仕事を辞めて家族でチャンネル運営をしているという人もいる。人によってどんな向き合い方をしているのかは様々ですが、だからこそ絶対適当なことは言えないし、自分が担当している人は絶対幸せにしなきゃいけないと思いましたね。スカウトってその人の人生を変えるような出来事なので、使命感もあるし、テンプレの対応ではダメだと。自分の一言が人の人生を変える、とても重い仕事だなと痛感したのを覚えています。

―仕事をする上で大事にしていることはなんですか?

今の自分の立場だからかもしれませんが、極力メンバーに任せようという意識を持つようにしています。UUUMの仕事って、前職で全く同じ経験をしてきました〜っていう人はほとんどいないんですよ。だから正直長くいる人の方が、UUUMで働くためのスキルや経験って当然持っているんですよね。でもそれだと人が育っていかないので、成功体験や幅広い経験を積んでもらうためにはどうしたら良いか、日々試行錯誤しています。任せる一方で、ちゃんといざとなったらサポートできる体制は取るようにしているんですけどね。次のリーダーになってくれるような人を育てていきたいなと思っています。

―これから、やってみたいことはありますか?

いつかもう一度、現在の自分でバディの仕事をやってみたいなと思います。クリエイターとして経験を積んできた彼らと、UUUMの社員として経験を積んだ僕の経験を活かせば、何か大きいことができるんじゃないかなと。ただ当面の間は、その“いつか”がきたときによりインパクトのある、面白いことができるように、チャンネル運営を通じてより幅広く・より多くの経験を積んでいければと思っています。

―どんな”アソビナカマ”が欲しいですか?

自分でやりたいことがある人とか、自走できる人と一緒に働きたいですね。「こういうことが最近流行っているから、こういうことがいいんじゃないか」というその人なりの仮説を持って提案してくれる人とか、そういう人と働きたいです。これはメディアに限らず、UUUMのどの部門でもそういう人と働きたいと思っている人が多いと思います。あとは、クリエイターやチェンネル、クライアントごとにニーズは異なるので、いろんなことに興味を持ってそのニーズに応じた提案をできる人がいいですね。

 

▶︎UUUMの<チャンネル運営>職の採用に関する情報はこちら

資料の請求や担当者へのお問い合わせはこちらから