採用BLOG

【Interview】今だからこそ味わえる楽しさがある。少数精鋭のチームで挑む、UUUMのゲーム企画・開発


現在採用サイトで募集している<ゲーム企画運用>職・<ゲームクリエイター(開発)>職の魅力や求める人材像について、それぞれマーケティング・開発を牽引するスタッフ2名(北條戸塚)にインタビューを行いました。

当職種にご興味のある方は、ぜひご覧ください!

ー早速ですが、業務概要について教えてください。

北條 私は開発以外の全般、企画・運営とマーケティング領域を主に担当しています。プログラミング業務は戸塚さんにお任せしているものもありますが、外部に委託する場合は社外の開発会社と企画・運営のために連携をとったりするのも、私の業務範囲ですね。

戸塚 ゲーム開発ってそもそもの流れとして企画、開発、マーケティングという大きな流れがあると思うんですけど、北條さんのチームはある種小さなゲーム会社そのものみたいな機能がありますよね。企画もするし、自分たちの手では開発はしないけど外注することでその機能を有しているし、マーケティングももちろんやると。僕の方では自社開発のゲームの企画や開発を担当してはいますが、マーケ部分は北條さんにお願いしています。

北條 簡単に言ってしまうと、僕らのチームがゲーム開発に関するジェネラリストで、戸塚さんのチームが開発のスペシャリスト、という感じですよね。

ーそれぞれの入社の理由について教えてください。

戸塚 前職でもエンジニアとしてゲーム開発に携わっていまして、最初は会社を辞めて独立しようと思っていたのですが、奥さんにとめられて(笑)。どうしようかなと悩んでいたときに、前職が一緒だった先輩に誘われて入社することにしたのが入社のきっかけです。起業せずに転職するなら、ビッグタイトルを制作しているような王道のゲーム会社にいくか、なんでも自由にやれる場所に行こうと思っていて、「うちはまだ何もないけど、その代わり試せるだけ試していいよ」って面接で言われたのが決め手で、後者の環境を選んだ形ですね。あとは、今までゲーム会社やシステム系の会社にずっといたので、そうではない会社に入ってエンジニアとして働いてみたかったという純粋な興味もありました。

北條 私は以前スマートフォン向けゲームを主に扱う企業でマーケティングを担当していたのですが、入社したときに参画した大きめのプロジェクト(ゲーム)が、国内ランキングで1位をとれたんですよね。その後も、基本的には関わったプロジェクト全てが日本1位を取れるくらいのマーケティングを行うことができたのですが……。ただ、その会社のマーケティングが、わりと資金力があるからこそできるような手法がほとんどだったんですよね。だから、次第に自分の力でマーケティングが成功しているのか、会社の資金力で成功しているのかわからなくなってきてしまって。

次にまたこの会社で1位をとってもあまり感動はしないだろうと思ってしまったし、自分の成功体験が一辺倒になってしまうなという危機感があったんです。そこで、他のゲーム会社でチャレンジしてみたいなと思っていたのですが、その頃に前職で出会った知人に紹介したい人がいるといって紹介されたのがUUUMの執行役員で。「ゲーム事業を大きくしたくて、北條さんのような方を求めているのでぜひ一度お会いしたい」と言われたんですよね。そのときはゲーム会社にいきたかったので、会いもせず、即お断りしたんですけど(笑)。ただそれでも2度3度と連絡をいただいて、3回目のアタックをされたときに「今はとても小さいチームだけど、大きくしていきたいと思っている」「今ならなんでも試せる環境でもあるから、北條さんの力を貸してほしい」と熱く口説かれて。そこまで言うなら、その夢にのってみようと。

ー実際に入社されてみてからは、いかがでしたか?

北條 試用期間(3ヶ月間)中に、必ず成果を出してやるっていう気持ちで働いていました。三顧の礼で入社してきているので、成果を出せなかったら恥ずかしいなと。実はまだ入社してから半年ほどしか経っていないのですが、今は「青鬼オンライン」でも「脱獄ごっこ」でも他社IPとのコラボに注力するなどしてなんとか一定の成果を出せているので、引き続き施策を行っていければなと思っています。私が入社するまでクリエイターを起用したプロモーションこそあれ、それ以外は逆に何もやっていない状況でしたし、ゲーム会社でもないので他者に対してゲームプロモーションの進め方や企画自体を理解してもらうまでは、なかなか苦労しましたね。

戸塚 僕も北條さんと同じように、早く成果を出さなければと思っていました。だから僕も、試用期間中にはゲームを2本リリースしたんです。数十万とフォロワーがいるUUUMの公式Twitterで告知を行っても、1本目は200DLとかでしたから、結果を見ると僕の方は成果を出せたとは言えないんですけど。当時はUUUMがゲームを出せば、ある程度ファンの方が購入してくれるだろうという思い込みがあったんですよね。でも結局UUUMからゲームを出すだけじゃダメで、クリエイターとともにゲームを作るなら、ちゃんとそのクリエイターらしいストーリーやゲーム性があったり、イベントでファンの方に知っていただく機会を設けたりしないとダメなんだと。その後しばらくして、クリエイター発案で作ったイベント用のゲームが数万DLを優に超えたのをみて、マーケティングの重要性を痛感したのを覚えています。

―どんな方にご応募いただきたいですか?

戸塚 シンプルにいうと、僕より優秀な人が入社してきてほしいなと。冒頭でスペシャリスト・ジェネラリストっていう話があったと思うのですが、開発という分野においては、僕自身はジェネラリストだと思うんです。特別突出した何かの知識や経験があるわけではないのですが、コアからグラフィックから一通りは触れるという感じで。ただ、一方で僕よりもプログラミングができたりグラフィックができたりする人って、世の中に絶対たくさんいるんですよね。そういう意味で本当のスペシャリスト、僕より優れた何かを持って、その領域には責任を持って業務を進めることができる方にご入社いただきたいなと思っています。もちろん、全部できます!という方も大歓迎ですけどね。

北條 ただマーケティングの知識があるという方よりも、本質的な課題を導き出す力を持っている方を求めています。よく経歴などで「KPI分析」「PDCAサイクル」という言葉を見かけるのですが、それはマーケティングをやるなら大前提できて当たり前というか。課題って1つのプロジェクトに対して多ければ数十個、下手したら100個以上あることもザラで、その中でも本質的な課題を解決しないと何も意味がないんですよね。なので、そうした本質的な課題を導き出してそれに対する解決策を考え、実行できる方にご応募いただきたいです。あとは、責任感のある方ですね。自分が管理職であるか否かに関わらず、仕事に線引きをせず、積極的に仕事を進めていってくれる方がいいです。

戸塚 そうですね。あとは、ゲームってそもそも、僕は「作りたい人が作っている」と思っているので、自分自身の意見を持っている人と仕事したいなぁと思います。僕と意見が合わなかったとしても、ちゃんと自分の意見を持って、思いを持って仕事をしている人がいい。そうじゃないと仕事が大変になったときに踏ん張りがきかないと思っているので、そうした責任感のある方、意志のある方がいいなと思います。

―最後に未来のアソビナカマに向けて一言、メッセージをお願いします!

北條 上場企業ということもあって、外からだとある程度環境が整っているように見えるかもしれませんし、実際のところUUUMという企業はそうかもしれません。ただ、厳しいことを言うようですが、ゲームチームは全く違うので、そのあたりは覚悟の上でご応募いただきたいなと思います。一方で社内ベンチャーに興味がある方、自分の裁量を持って事業を推進したい、拡大していきたいという思いがある方には良い環境だと思いますので、そうした方にはぜひご応募いただければと思います。

戸塚 ゲームが好きな方には、ぜひご応募いただきたいなと思います。コンシューマーも、PCも、スマホゲームも、いろいろやる人がいいですね。根本的にゲームが好きな人じゃないと、本当の意味で良いゲームは作れないと個人的には思っているので、オンオフ問わず、「ゲームのことばっかり考えてるぞ」という方のご応募を心よりお待ちしています!

※掲載内容は公開日時点のものです

 

▶︎UUUMの<ゲーム企画運用><ゲームクリエイター(開発)>職の採用に関する情報はこちら

資料の請求や担当者へのお問い合わせはこちらから