採用BLOG

【Interview】コミュニケーションが鍵! ジェネラリストも目指せる、UUUMの動画制作


現在採用サイトで募集している<動画制作>職の魅力や求める人材像について、UUUM設立後間も無く入社し、現場で活躍し続けるスタッフにインタビューを行いました。

当職種にご興味のある方は、ぜひご覧ください!

ー<動画制作>の業務概要と、これまでの経歴について簡単に教えてください。

<動画制作>職が所属するメディアユニットでは、現在クライアントとクリエイターのタイアップ動画の撮影・制作フォローや、生配信を含むチャンネル運営の動画制作サポートなどを行っています。UUUMで働く前はアーティストやタレントのコンサートのイベント映像を撮影する、カメラマンをやっていました。なので、実はUUUMに入るまで編集は全くやっていませんでした。入社してから先輩方に教わって、イチから覚えていきました。UUUMに入社したのはもう6-7年前のことで、当時はまだ動画クリエイターという言葉もなかったのですが、普段からクリエイターの動画をよく見ていまして、これまでの動画制作会社が作ってきた動画とはちがった、より視聴者の方やファンの方と距離の近い映像制作に携わるのは面白そうだなと調べていたところ、UUUMという会社にたどりついたのが入社のきっかけです。

ー実際に入社されてこれまでUUUMで働いてみて、どうでしたか?

貴重な経験を積むことができたなと思っています。実は今、もっと幅広い経験を積みたいなと思い、ジョブローテーションを希望してプランニング(営業職)として働いているのですが、クライアントに提案する会社説明資料の中で、自分が担当した大手クライアントと複数クリエイターの、動画に限らない様々なタイアップ施策を行った案件が施策例として使用されているんです。若手でもそうした大きな案件に携われる環境というのは貴重だなと、プランニングを経験したからこそ改めて気づきました。扱える仕事の大きさや経験できる仕事の幅が大きい会社だなと、今になって感じています。

ーメディアユニットの課題について教えてください。

クリエイターの作る動画全体のレベルが日に日に上がってきているのを肌で感じるので、僕ら自身がクリエイターの要望に応えられるような技術、サポートができる技術をより築き上げていかなければならないと思っています。そのために、今はグループ内で業務改善チームを組んで、業務効率化や編集スキルのブラッシュアップを行うなどの取り組みを始めているんです。同じ<動画制作>職でもいろいろな背景を持つ方が入社してきており、それぞれ持っている知見が違うので、それぞれの得意な分野で月に2回程度、講師を持ち回りでやってもらってナレッジ共有を行っています。必ずしもリーダーがやるというわけではなく、メンバー同士で磨き合う風土を育成したいので、役職に関わらずスタッフ全員で運営しています。

ー<動画制作>の仕事に向いている方はどんな人でしょうか?

現状に対して課題感を持って、その現状を自ら分析してアクションを起こせる方は特に向いているなと思います。チャレンジしたいとか、何かを身につけるという思考を絶やさない人だと楽しめる環境です。事業を取り巻く環境の変化も激しい仕事ですし、ハングリー精神はずっと重要な仕事だと思っています。

逆に、ものすごい技術はあるけれど、固定観念が強い方や、コミュニケーションを取るのが苦手な方や協調性がない方だと向いていない仕事だとも思います。これは、UUUMのどの職種でもそうだと思うのですが……。もちろんプロに勝るとも劣らないレベルの編集ができるクリエイターもいますが、そうは言ってもそうしたクリエイターはごく一部で、クリエイターの動画編集レベルは人によってまちまちです。「これから動画編集を本格的に学びたい」「始めたばっかりです」という方々に向けてもちゃんと、その人の目線になって会話ができる方が向いている仕事だと思います。

―仕事をする上で、心がけていることはありますか?

社内のスタッフ相手であっても、ある程度顧客として扱うような思考は必要だと思って働いています。最低限のビジネスマナーやコミュニケーションの仕方など、たとえば語尾の「!」1つつける・つけないといったところだけでも、文脈によっては相手の印象ってかなり変わってくると思うんです。映像を1本つくり上げるためには、本当にいろんな方の協力が得られなければならないと思うので、なるべく自分が“かすがい”になれるような、そんなコミュニケーションをとるように心がけています。それができてからはじめて、ようやく技術の話ができるのかなと。新人の方には、必ずそういう話をしています。

また、UUUMが扱っているタイアップ動画は「クライアントの広告となる動画」なので、クリエイティブを極めればいいというわけではなくて、いかに見てくれる人の心を引きつけるかというのが重要になってきます。そういった点も、動画制作を進行する上では特に意識しています。

―どんな方にご応募いただきたいですか?

技術に関しては、入社時点ではそこまでハイレベルなものは求めないので、とにかく他者とのコミュニケーションを大事にする方、動画クリエイターの文化が好きな方にご応募いただきたいなと思います。先ほどもお話しした通り、最低限、そこがあって初めて技術の話ができるので、その土台がある方が良いなと。経験を積んだら社内で他のキャリアを積むことができる環境でもあるので、「スペシャリストもいいけれど映像制作に関して、ジェネラリストを目指したい」という方も、ぜひご応募いただければと思います!

※掲載内容は公開日時点のものです

 

▶︎UUUMの<動画制作>職の採用に関する情報はこちら

資料の請求や担当者へのお問い合わせはこちらから