採用BLOG

【Interview】【宮崎採用】 未経験からでも、クリエイターの力になれる! UUUMの動画制作サポート


現在採用サイトで募集している<【宮崎採用】動画制作(動画編集)>職の魅力や求める人材像について、実際に宮崎で活躍する2名のスタッフ(俣木望月)にインタビューを行いました。

当職種にご興味のある方は、ぜひご覧ください!

ー早速ですが、現在の担当業務の概要について教えてください。

俣木 <動画制作>職としてメディアユニットにて、クリエイターの動画制作サポートを行う仕事を担当しています。UUUMに入社してから1年ほどになりますが、これまでは主に女性クリエイターの動画制作サポートをメインとして担当してきました。今はチームリーダーとして、メンバーの育成にも携わっています。

望月 僕も<動画制作>職として、クリエイターの動画制作サポートを担当しています。担当としては、マルチ系のクリエイターが多いですね。僕も社歴でいうと1年ほどで、とにかく動画編集がしたくて入社しました。同じくチームリーダーとして、メンバーのマネジメントをしつつ、自身でも担当クリエイターの制作サポートを行っています。

ーおふたりとも、以前から動画制作・編集の仕事には携わっていたのですか?
UUUM入社のきっかけなどについて、お聞かせください。

俣木 私はほぼ未経験で、これまで専門学校で映像について学んでいたくらいでした。クリエイターが行うような類の編集はしたことがなくて、簡単なテロップや映像の切り貼り、音をつけたりできる程度だったんです。編集ができる、というよりは「編集ソフトが使える」という感じでしたね。

入社のきっかけですが……、そもそも映像の専門学校に通っていたのは、映画制作に携わりたいからだったんですよね。なので実は、UUUMで働くまでは宮崎から上京していたんです。当時、どうしてもやりたい仕事が東京にありまして。ただ生憎その職種とはご縁がなくて、しばらくして、地元にもどってきたんです。ただ、地元に戻ったからと言って映像に対する熱が冷めることもなく、宮崎でも何かしら映像制作に携われないかなと思っていたところ、たまたまみた地元の求人媒体でUUUMをみつけたのが入社のきっかけです。

望月 僕は実は、もともと北海道にいたんです。前職は理学療法士で、全く違う職業でした。動画制作は趣味で触っている程度で、当時好きだったクリエイターが「動画(制作)やってみたら、楽しかった!」と言っている動画を見たのがきっかけです。もともと余暇時間にいろんな動画を見るのが日課で、そんな感じで自分でも趣味で動画編集を触るようになりました。編集をするにつれて、より動画制作に興味が湧くようになって、クリエイターが作るような面白い動画を作れるようになりたい、編集スキルを身に付けたいと思うようになったんです。そんな折に、UUUM宮崎オフィス開設のニュースを目にしまして。動画編集に真剣に取り組むようになってから、ずっとUUUMに入って動画制作の仕事に携わりたいなとは思っていて、思い切って応募してみることにしたんです。

ー実際に1年、UUUMで働いてみてどうでしたか?

望月 とにかく、毎日が楽しいです。特にやりがいを感じるのは、自分が制作サポートした動画が実際に公開されて、1日で何十万、何百万回再生とされていくのを見るときですね。その規模の大きさにワクワクしますし、もっとよいサポートができるようになりたいと思う瞬間です。業務を行う上で、大変だと感じる瞬間がもちろんないわけではありませんが、大変なことも含めて、試行錯誤していくのが楽しいという感じです。

俣木 私もこれまで、実際に自分で手を動かす編集業務は基本的にはずっと楽しくて、あんまり大変だと思ったことはありませんでした。ただ、最近はチームマネジメントを任されるようになったので、これからはよりメンバーの育成にも励んでいかなければと思っています。動画編集って、それまで身につけた経験をもとに感覚でやっているところが少なくはないので、編集スピードを上げたり編集のセンスを磨いたりするためにはどうしたら良いのか、曖昧な部分を言語化しながら、それを新たに入社してくるメンバーにどう教え、伝えていくのかということに今は苦心しています。

ー仕事をする上で、心がけていることはありますか?

俣木 常にクリエイター目線を持つこと、ですね。私たちの仕事はあくまで「動画制作サポート」なので、クリエイター目線でOKかどうかという判断を常にすること念頭に置いています。もちろん、クリエイターから要望があればこちらからも積極的に提案をすることはあるのですが、自己主張が強い方・自分自身がスポットライトを浴びたいという志向の方だと難しい仕事かも、と思うことはあります。

望月 僕も俣木さんと同じですね。やっぱりクリエイターの動画を見ているのって、そのクリエイターのことが好きなファンの方々なので、その方々から見てどう見えるのかというのは意識して仕事をしています。クリエイターならどう作るのか、どういう意図をもって撮影・編集をしているのかというところまで考えながら、仕事をするようにしています。一方で、多種多様なクリエイターのニーズに応えられるように、自分の中の編集の引き出しを増やしていく努力も忘れてはいけないなとも思っています。例えば、仮にこの動画をニュース番組っぽく編集するにはどうしたらいいだろうとか、そんなことを普段から考えていますね。

―どんな方にご応募いただきたいですか?

俣木 一緒に働きたいなと思うのは、明るくて前向きな、動画制作・編集が好きな方ですね。編集スキルって、学びたいという意欲がない限り伸びていかないものだと思うので、そこは
大事だなと思います。あとは、サポート精神がある方には向いている仕事だと思いますので、そういった方にもご応募いただきたいですね。どうしてもこの仕事はクリエイターありきの裏方の仕事になるので、それでもモチベーション高く、サポートしていきたいという気持ちを持って仕事ができる方がいいなと思います。

望月 UUUMが好きとかクリエイターが好きとか、そういった好きなことを仕事にしたい方と働きたいです。特に、この動画制作サポートという仕事は、俣木さんもお話しているように、好きじゃないと最終的には続かない仕事だと思うので、そうした熱い思いのある方には、ぜひご応募いただきたいなと思います。

―最後に未来のアソビナカマに向けて一言、メッセージをお願いします!

望月 メディアユニット特有なのかわかりませんが、コアな趣味があるメンバーも多く、エンタメ好きな人であればすごく楽しく働ける職場だと思います。一緒に、面白い・楽しいことを生み出しましょう!

俣木 宮崎オフィスにメンバーは特に年代が若く、ほぼ未経験から入社したメンバーも少なくありません。今まで大きな経験がなくても、好きなことにチャレンジしたいという意欲的な方なら、頑張れるチャンスがある環境だと思いますので、我こそはという方のご応募をお待ちしております!

※掲載内容は公開日時点のものです

▶︎UUUMの<【宮崎採用】動画制作(動画編集)>職の採用に関する情報はこちら

資料の請求や担当者へのお問い合わせはこちらから