スペシャルトーク

YouTuberって、何がすごいのかを聞いてみた【前編】〜鈴木おさむ × 鎌田和樹 × ヨッピー鼎談〜


鈴木おさむ × 鎌田和樹 × ヨッピー スペシャル鼎談

オリラジ中田のライバルはフィッシャーズ!?

鎌田和樹
鎌田さん

そもそも、僕とおさむさんを繋いだきっかけがフィッシャーズの動画だったんですよ。

ヨッピー
ヨッピー

ほほう。

鈴木おさむ
鈴木さん

なんで僕がフィッシャーズの事を知ったかと言うと、オリエンタルラジオの中田敦彦さんが居るじゃないですか。パーフェクトヒューマン。

去年、彼のお笑いライブがあったんですね。パーフェクトヒューマンの動画がネットですごいバズったけど、まだ紅白には出てない、くらいのころのお笑いライブ。そこに行ったんですけど、その時に中田さんが関係者に向かって、「フィッシャーズって知ってますか?」って言うんです。でも、そこに居るみんなは誰もフィッシャーズのことを知らないんですよ。そしたら彼がフィッシャーズの動画を見せながら、「これは、今の高校生にとっての、僕らで言うところの『めちゃイケ』なんですよ」って。

それで、中田さんは「僕の、一番のライバルはフィッシャーズのシルクだ」って言うんですよ。それがね、まんざら嘘でもなくて、彼はテレビに出てますけど、パーフェクトヒューマンがネットでバズったりしてて、「インターネットも、芸人として生きて行く一つの道だ」と思っているので、だから、ネットからフィッシャーズみたいなのが出て来ると恐ろしく脅威なんですよね。中高生がかなりの確率でフィッシャーズの動画を見てるって言いますから。

鎌田和樹
鎌田さん

そうですね。

鈴木おさむ
鈴木さん

中田さんが「恐怖でしょうがない」って言って、最初はみんな「ボケのつもりで言ってるのかな?」って思ってたら、けっこうアツく語るんですね。それで僕も翌日からフィッシャーズの動画を研究しはじめるんですけど、僕は正直に言って高校生の気持ちにはなれないから、「何が面白いんだろう」っていう視点で見始めるんですけど、一緒に大学生の人達と見てたら、やっぱり大学生の人達から先にフィッシャーズにハマっていくんですよ。
そして、そのまま見続けてると、今度は段々心地よくなっていく自分が居るんですよね。
だからフィッシャーズと仕事してみたいなと思って、フィッシャーズってUUUMじゃないですか。それがきっかけで鎌田さんに。

ヨッピー
ヨッピー

へー、フィッシャーズが縁で。

鎌田和樹
鎌田さん

僕、元々芸能関係の人と話すことなんてそんなに無いから、鈴木おさむさんから「会いたい」って言われて、「僕なんか悪い事したかな」と思いながらお会いしたら「フィッシャーズと仕事がしたい」っていう話で。
やっぱりクリエイターの名前を言って頂けると嬉しくて。
それで僕の中での「鈴木おさむ」っていう名前のイメージも変わって。

芸能の人って、いつもテレビの人とご飯食べてるっていうイメージがあったんですけど、おさむさんはまったく逆で、業界の人とご飯食べないっていう。

鈴木おさむ
鈴木さん

若手芸人の人達とご飯を食べたりはしますけど、テレビの人とは「仕事はするけどご飯はいかない」っていうスタンスですね。

ヨッピー
ヨッピー

でも、フィッシャーズとはご飯を食べに行くんですか?

鈴木おさむ
鈴木さん

うん。自分の知らない話を知ってる人と話したいんですよね。お相撲さんとかってすごく遠い存在じゃないですか。売れてない芸人さんとかも、テレビとはすごく遠かったりしますし。そうなると利害が発生しないんですよね。売れてない芸人さんも、「自分の力でテレビに使うことはしない」って決めてたんですよ。M-1で優勝するとか、実績がつけば色んな所でプッシュは出来るんですけどね。彼らって、泥水をすすって生きてるような人たちなので、やっぱり面白いんですよ。そういう話が聞きたい。
テレビの人は仕事でどうせ話しますしね。それならフィッシャーズの話聞いてる方が面白いかな。「忙しくて全然寝てないんです」って。

ヨッピー
ヨッピー

鈴木さんはフィッシャーズの動画を見た時に、どういう感想を持ちました?

鈴木おさむ
鈴木さん

やっぱりね、まず編集が上手い。GoProつけてね、カメラの台数もあるのに、テンポがテレビより一歩早いんですよ。「毎日アップされる動画の中で、誰がどうやってこれをやってるんだろう?」って。カットチェンジの早さって、子供が見た時にゲームっぽいんですよね。

ヨッピー
ヨッピー

あのYouTuber特有のカットの早さって誰が発明したんですか?

鎌田和樹
鎌田さん

あれはジェットカットって呼ばれていて、ジェットダイスケさんという方ですね。どんどん食い気味にカットしていくっていう。あれを重ねて使いだしたのがはじめしゃちょーだったり、YouTubeの良い所は、誰かが発明したらそれがどんどん発展して盛り上がるっていう。フィッシャーズは別に、あのカットの早さがウリなんじゃなくて、視聴者さんとの関係性の心地よさとか、そういうものなんですけど、でも来年になるとまた変わってるんだろうな、って。

鈴木おさむ
鈴木さん

あとはHIKAKINさんなんかも、音に合わせての編集なんかがめっちゃ上手いですし、だから僕は「まず何を見るか」ってなると編集を見ますね。水溜りボンドの実験ものの編集ってフィッシャーズとはまた違ったりしますし、テレビとYouTubeは編集が違うんでそこが僕らから見て勉強になりますよね。

 

 

「ネットでは話題」というテレビの視点

ヨッピー
ヨッピー

鈴木さんのお話をお伺いすると、テレビの人達が脅威に思っていて、そろそろYouTuberすげぇぞっていうのが広まって来ているとして、そろそろYouTube発のテレビのスターとかがどんどん出て来るんですかね?

鈴木おさむ
鈴木さん

これは、僕のまわりでもそうなんですけど、テレビの人達なんてYouTuberを舐めてる人が多いですよね。

ヨッピー
ヨッピー

あー、それはそう思います。

鈴木おさむ
鈴木さん

昔、おちまさとさんっていう放送作家の先輩がテレビで年収を言ったんですよ。そしたらその後に、「放送作家になりたい!」って人がめっちゃ増えたんですよ。
他にも、実は芸人さんってテレビで車の値段とか年収とかめっちゃ言うじゃないですか。そうするとやっぱり「芸人になりたい」っていう人が多いですよね。

だから、「プロ野球選手になりたい」とか「サッカー選手になりたい」っていう理由の大きなひとつに、お金っていうのはやっぱりあると思うんですよ。「稼げる!」っていう。

で、今はテレビの人って芸人さんの事は別に舐めないじゃないですか。だけど、萩本欽一さんがテレビに出た時って、芸人さんってすごいテレビの人から舐められてたんですって。世の中からさげすまされてて。その頃って21時とか20時のいわゆるゴールデンタイムの時間ってお笑いは放送できなかったんですよ。お笑いじゃなくて、音楽か、ドラマだったんですよね。
それを変えたのが萩本欽一さんだったんですよね。ゴールデンの時間帯に、バラエティでヒットさせるっていう。だから、過去にさげすまれてた、っていう意味では今で言うYouTuberと同じですよね。

僕はYouTuberが脅威も何も、今後は絶対大きなカルチャーになってくるんですけど、今のところはテレビ側が「YouTuberを避けてる」って感じですかね。

鎌田和樹
鎌田さん

そうですね。YouTuberを理解したくもない、みたいな感じですよね。

ヨッピー
ヨッピー

YouTuberって、既に一つの文化圏が出来上がってるから、YouTuberの人達も別に、地上波テレビに絶対出たいとかはそんなに思ってないんですかね?

鎌田和樹
鎌田さん

まあ「出たい」と思って出るんですけど、それを「続けたい」と思うかどうかは別の議論だと思いますね。YouTuberも色々やりはじめて、環境も変わって、その過程の中でテレビも出たいとかはあるかもしれませんけど、それを継続したいか?って言われると、今はちょっと違うかな、って。

ヨッピー
ヨッピー

なるほど。YouTubeの方が楽しい、みたいな。

鈴木おさむ
鈴木さん

あとはやっぱり、テレビって消費されるものだから、僕から言うと出ない方が良いかな、と思っちゃいますね。たまに、YouTuberを集めてテレビに出そうみたいな企画も出ますけど、僕はまったく乗らないですね。YouTuberはYouTubeで面白いものだし、YouTuberの人もテレビに出て来たら、絶対に「年収いくらですか?」とか聞かれるじゃないですか。
答えたくないものを聞かれちゃうのがテレビなんですよね。

ヨッピー
ヨッピー

あー確かに!YouTuberとしてテレビに出てる時って絶対年収聞かれてますね!それでみんなが「おおー!」って言うっていう。

鈴木おさむ
鈴木さん

そう!所詮それなんですよね。今年、ドラマを久々に書いたんですよ。テレビ朝日の「奪い愛、冬」っていうドラマで。ネットでけっこうバズったんですけど。僕は、やる前から「苦戦する枠だ」っていうのはわかってたので、ネットを上手く使いながらやろうと思ってて。
3話目の放送くらいからネットで話題になったので、YouTubeに公式動画をアップして貰ったんですけど、それが上手く拡散したんですね。

ヨッピー
ヨッピー

あ、それ僕も奥さんからシェアされましたよ。「これめっちゃ面白い!」って。

鈴木おさむ
鈴木さん

そうそう。なかなか強烈なドラマだったんですが、その放送中にインターネットで、「ドラマライター」っていう人が書いてる、「全ドラマ批評」っていうのを見たんですよ。1話が終わって、その人が「物語が破綻してる」って書いてたんですよ。僕もそれ狙って作ったっていうところもあるんですけど。で、そこに「ネットでは話題になるかもしれない」って書いてあったんですよ。で、その人が最終回終わった時もそのドラマの批評を書いてたから見に行ったんですけど、得点が低くて。
そしたら「ネットでは話題になったようだ」って書いてあったんですね。

で、その「ネットでは」っていうのが全てで、ちょっとネットを下に見てる。「テレビが一番上だろ」っていう見方をしてて、それが面白い観点だな、って思って。
何故「ネットで話題になった」っていうものを、「テレビで話題になった」より下に見るのかな、って。

ヨッピー
ヨッピー

あー、それめちゃくちゃわかりますよ……!僕もそれで悔しい思いをさんざんしているので……!

僕も割とインターネットの人間なので、「ネットではね(笑)」っていう言い方をされるんですけど、でも、インターネットってもう人口の8割くらいは使うじゃないですか。みんなスマホ持ってるから。だから「インターネットで話題の」ってなったらもうイコール「国民に話題の」ってことじゃん!って思うんですけど。でもそうやってインターネットとそれ以外を分けて考える人ってまだまだ居ますよね。

鈴木おさむ
鈴木さん

僕はテレビが好きだし、出来ることならテレビの仕事をずっとやってたいなって思いますけど、でも、テレビって段々年をとってくメディアだと思うんですよ。僕は40代なんですけど、テレビには40代の人ってめっちゃ多いんですよ。その40代の人って一番、テレビと一緒に生きてきた人達だから、その人たちと一緒に番組作っても、ジジイっぽい番組にしかならないんじゃないかって。YouTubeって、子供とか高校生とかOLさんとか、その人たちが見る絶対的なものだから、僕が広告主でもそこに広告打つほうが楽ですよね。ターゲット決めて。

ヨッピー
ヨッピー

動画広告も今だいぶ伸びてますよね。すごい勢いで。

鎌田和樹
鎌田さん

僕がUUUM作った3年前とか、僕が「YouTubeに広告出してください」とか「YouTuberでこういう企画しましょう」って言っても、本当に門前払いだったんですよね。
でも今は、ナショナルクライアントさんみたいな「わかってる」所ほど先にやりたがりますよね。

鈴木おさむ
鈴木さん

その2,3年前に代理店とかが一時期YouTubeの事言ってて、「ちょっと古いな」って思う人だと、YouTubeの広告って「前に流行った」って思ってる人がいるんですね。
それってもっと変化してて、今は本当にCMになってると思うんですけど。ズレてますよね。

鎌田和樹
鎌田さん

クリエイティブがずいぶん変わってますからね。

ヨッピー
ヨッピー

今と昔でどう変わってるんですか?

鎌田和樹
鎌田さん

昔は「やってみた」だけで成立してたものが、今だと「それ1年前に見たけどね」ってなるんですよね。カットのやり方もかなり変わってるし。

ヨッピー
ヨッピー

競争はすごい激しくなってますよね?

鈴木おさむ
鈴木さん

激しいし、「なんでこれテレビじゃできないの?」って事をYouTuberがやるから気持ち良いですよね。

鎌田和樹
鎌田さん

確かに。

 

 


 

放送作家・鈴木おさむ × UUUM代表取締役・鎌田和樹 × フリーライター・ヨッピー スペシャル鼎談
YouTuberって、何がすごいのかを聞いてみた 【後編】に続きます。

 

 

資料の請求や担当者へのお問い合わせはこちらから