採用BLOG

【Interview】映像のエンタメコンテンツに関わりたい。好きなことに仕事で貢献ができる面白さと魅力。


– 最初に、現在の業務内容について教えてください!

YouTubeクリエイターの発掘や育成を行うネットワークチームに所属しており、その中でもクリエイターの活動の幅を広げる施策の一環として、LINE LIVEで活動するクリエイターの担当として育成を行っています。主な業務内容としてはバディ業務に近く、担当クリエイターのサポートやLINE社とのコミュニケーションを行っています。

一日の業務の流れは日によって異なりますが、クリエイターとの面談や撮影同行等、社内外問わず打ち合わせは大体1日に1件は入っており、クリエイターとの連絡や動画チェックのフィードバック、チャンネル分析等の資料作成を行っています。

– UUUMを選んだきっかけについて教えてください。

ずっと映像のエンタメコンテンツが大好きで、就職活動中は映像制作やWeb制作の会社を中心に見ていました。実は、元々自分が作り手になりたいと思っていたんです。一番やりたかったのは映像制作で、半年間制作会社でインターンとして働いていたのですが、ある程度編集がこなせるようになったタイミングで、技術だけではなく、もっと広く作り手のマネジメントや、YouTubeに関わる仕事をしたいという考えにシフトしました。

元々中学生のころからYouTubeが大好きで、UUUMのことはYouTube上に名前が出始めた頃から知っていました。この中学からの知見を使えて、YouTubeという世界に貢献できたり関われる事が出来たら楽しいんじゃないか、と感覚的に興味を持ち、UUUMに応募をしました。

面接を重ねるにつれて、思った通りの会社だと確信を得ていきました。自分が望んでいたような環境や事業がありましたし、面接を通して色々な方とお話をしていく中で「ここで働きたい!」という思いが強くなり、UUUMに入るという決断をしました。

– 実際に入社してみてのギャップや、業務で苦労した点はありますか?

大きなギャップはありませんでしたが、1年目からこんなにたくさんの業務を任せてもらえるんだという驚きがありました。もちろん大変なこともたくさんありますが、良い意味でのギャップだと感じています。

業務においては、クリエイターからの質問や要望の本質をくみ取ることがなかなかできず、コミュニケーション面で苦労しました。そこで、先輩社員には失礼を承知でとにかく質問するようにして、自分自身に回答や経験を蓄積していきました。これを続けたことで、背景や本質を理解し、徐々にコツや方向性を掴み、クリエイターとのコミュニケーションが円滑に進むようになっていきました。

入社当時は緊急事態宣言下でリモート環境ということもあり、社内コミュニケーションですら難しかったです。オフィスに出社していれば、先輩社員にすぐ聞くということができるのですが、リモートだとどうしてもしり込みしてしまったことなども苦労した点の一つです。

– 働いていて、やりがいを感じるのはどんなときですか?

大前提として、自分はクリエイターの個性が活かされているかどうかを大事にしています。なので、テーマや方向性を持った動画にできているかどうかも含めて、再生数などの視聴者からの評価を得られたときは他に代えがたいやりがいを感じます。

普段から担当クリエイターの動画をチェックしている中で気づいたことや、アイデアは常にメモを取っておき、次の面談に活かすようにしており、動画企画の提案が通ったり、自分の分析した情報を元にクリエイターが方向性を決めてくれたりするときも、同様にやりがいを感じます。

– UUUMで働くうえでの魅力は何だと思いますか?

自分自身、映像のエンタメコンテンツに関わりたいと思っていたように、YouTubeに関わりたい、知見を付けたいと思っている方は多いと思います。新卒として入社1年目からクリエイターの担当として、チャンネル分析や企画提案など深く考えることができ、主体的に知見や経験を積めるのはUUUMならではだと感じています。

– どんな人がUUUMに向いていると思いますか?

エンタメが好きな人ももちろんそうですが、コミュニケーションが好きな人や変化に対して柔軟な人が向いていると思います。UUUMには本当にいろんな人がいるので、誰にでも素直に対応できる、明るい人も良いと思います。バディ業務という観点ですと、まめで世話好きな人はピッタリなんじゃないかと思います。

 

– 最後に、学生の皆さんにメッセージをお願いします!

現在就職活動をしている皆さんには、ぜひ素直さを忘れないで欲しいと思います。僕自身もそうだったのですが、就活を続けていくと、自己分析や面接の練習を繰り返すうちに本当は思っていないのに「自分はこれがしたい」と思い込んで正当化してしまうことが多い気がしています。一旦落ち着いて、元々自分がやりたいことは何だったのかを考えてみてください。原点を追及することも大事だと思うので、そういった意味での素直さを忘れずに、就職活動に取り組んで欲しいと思います。

 

– ありがとうございました!

※掲載内容は公開日時点のものです

▶︎UUUMの新卒採用に関する情報はこちら

資料の請求や担当者へのお問い合わせはこちらから