採用BLOG

【Interview】UUUMに眠る膨大なデータに惹かれて。データアナリストの挑戦


ー現在の仕事内容について、簡単に教えてください。

僕はシステムユニットに所属しているのですが、他のメンバーが主に担当している社内向けもしくはクリエイター向けシステムの開発・運用とは、少し毛色の違った仕事を担当させていただいています。主には、プラットフォームや社内システムに蓄積されたデータを分析することで「このチャンネルはこういう傾向がありますね」だとか「こういうところを意識すればもっと伸びると思います」などの提案を行ったり、そうした分析結果が見やすいようにダッシュボードを作って提供したりして、事業部門であるバディ・プランニングユニットの業務サポートを行っています。具体的には、BIツールを使ってデータを可視化し、レポートとしてダッシュボードで共有しています。

ーどれくらいの頻度でレポートを行っているんですか?

今は月1の頻度で、全専属クリエイターに対してレポートを行うようにしています。最初はマンパワーで作っていたのですが、今はプログラムを書いて自動化しているので、エンターキーを押せばブワッとすべてのチャンネルのレポートが出るような状態になっています。ただ、実際には業務は1人で行っている訳ではなく、バディ・プランニングユニットのメンバーも含めた横断組織で、チームとして業務にあたっています。

ーもともとそういった仕事がしたいと思って、UUUMに入社されたのですか?

そうですね。もともと僕自身がAIだったり統計学だったりとそういった分析の分野に興味があって、前職ではデータサイエンティストの育成事業を行っている会社で講師として働いていたんです。ある程度経験を積んで違うこともやってみたいな、転職したいなと考えたときに、たまたまWantedlyで求人を見つけたのが、UUUMと出会ったきっかけです。巨大なプラットフォームを通じて事業を営んでいる会社ということで、なかなか面白そうなデータがありそうだなと思って、まずは面談を行くことにしたんです。そうして向かった面談の中でシステム部門の担当責任者である尾藤さんと話をしていくうちに、UUUMに眠るデータの膨大さに心を惹かれ、UUUMでなら自分の興味のある分析を通じて面白いことができそうだと感じ、入社を決めました。

ー実際入社されてみてどうですか?

分析できる・しがいのあるものが多くて楽しいです。UUUMは関わるプラットフォームも多岐にわたってきていますし、自社のクリエイターサイトやECサイトも持っているので、本当にいろいろなデータに関わることのできる機会があるなあと。まだ分析チーム自体が立ち上がってから日が浅く、なかなか事業部門にとってお宝発見!的な取り組みはできていないというのが正直なところですが、それでも、今まで彼らが経験則で話をしていたところに、分析結果を用いて数字で裏付けすることができているのというのは、僕らの1つの成果かなと思っています。

ーこれからやってみたいこと、取り組んでいきたいことはありますか?

今まで自分が培ってきた機械学習やAIの知識を活用することで、例えば再生回数を事前に予測できるシステムを作ったりとか、ECサイトにおけるレコメンド機能を拡充させたりとか、そういう取り組みもやっていきたいなと思っています。個人的には、自然言語処理を使ってどういうコンテンツにどんなコメントがつくのか、クリエイターごとにどんな特色があるのかなど、そういった部分もやっていけたら、すごく楽しいだろうなと思います。ただ、それが本当に事業部門に必要とされる機能なのかというところはわからないので、事業部門のニーズとすり合わせながら、UUUMという会社が必要とする取り組みを進めていければと考えています。

ーいま仕事をしていて、やりがいを感じるのはどんなときですか?

僕が担当になるまで、UUUM内にプラットフォームにおけるデータ分析をちゃんと専門として行える人がおらず、当然ながら、ダッシュボードなどのデータを可視化してわかりやすくしたものも存在しなかったんです。だから今は、僕が数億行を集計し、そのデータを用いて報告・共有するだけでも喜んでもらえるし、反応をもらうことができるんですよね。基本的なことではありますが「こんなことができるんだ!」とか「こんな傾向があるんだ」など、自分がやった仕事についてポジティブな反応をもらえるって、それだけで嬉しくてモチベーションにもなるし、やりがいを感じる瞬間でもあります。

ー仕事をしている上で、特に意識していることについて教えてください。

僕のアウトプットがどういう意思決定に繋がるのか?ということですね。これを意識して分析を行わないと、自分が分析したいからなんとなく分析を行うという、独りよがりな仕事になってしまうと思うんです。あとは、分析をして最終的に分析結果の説明をしているときに気をつけていることとしては、その説明の内容が、話を聞く側にとって本当に必要な情報なのかどうか?ということですね。こうしたポイントを抑えることで、より良い、必要とされる仕事をしたいなと思っています。

―今までの中で特に印象に残っている仕事はありますか?

やはり、ダッシュボードを作ったというのは個人的には印象深い仕事でしたね。実はダッシュボードは、事業部門からの「こういうものを作りたい!」という明確な要望があったわけではなく、もともと僕自身が各チャンネルの分析を行う際に「こういうものがあったら便利だな」と思って個人的に作ったものがスタートなんです。「実は今こういうものを使って分析してみてるんですけど、どうですかね?」と分析チームのメンバーにライトに共有したところから、「これいいじゃん!全社に展開しようよ!」という話になって、いま全社で使われるようになっているという背景があるんです(笑)。

―どんな”アソビナカマ”が欲しいですか?

最近思うのは、ものすごく好奇心が強い人がいいなっていうことですね。好奇心が強い人の持つ「あれがやりたい」「これがやりたい」っていうパワーって、やっぱりすごいんですよ。好奇心がある人って動き出すまでの一歩が早いなと思いますし、楽しそうに仕事をしている人が多いなと思うんです。そういう人たちが周りにいると自分としても一緒に仕事をしていて楽しいですし、実際にUUUMにはそういう人が多いです。特にシステム構築や分析という分野でいうと、日進月歩で新しい技術がどんどん出てくる分野でもあるので、最先端の技術を知りたい・使ってみたいという好奇心があるというのは、大事な気持ちだなと思います。

 

▶︎UUUMの<エンジニア>職の採用に関する情報はこちら

資料の請求や担当者へのお問い合わせはこちらから