スペシャルトーク

YouTuberって、何がすごいのかを聞いてみた【後編】〜鈴木おさむ × 鎌田和樹 × ヨッピー鼎談〜


鈴木おさむ × 鎌田和樹 × ヨッピースペシャル鼎談

YouTuberはどこに行くのか

ヨッピー
ヨッピー

YouTuberの人達って、最終的には何を目標にやってるんですかね?
儲けたいとか一発当てたいっていう人が多いのか。

鎌田和樹
鎌田さん

まあ、まちまちですよね。稼ごうと思ってない、楽しいからやってるっていう初期の人と、HIKAKINを見てYouTubeやりたいって言って今成功している人達とか、それによっても違うし、逆に言えば「YouTuberだからここを目指さなきゃいけない」みたいなのも無いんですよね。個人によります。
ゲームが好きな人ならゲーム作りたいってなるかもしれないし。さっきも名前が出たジェットダイスケっていうYouTuberは、今日個展やってるんですよ。僕も「動画で飯食ってるのに、なんで今度は写真なんですか?」って不思議に思って。情報量も少ないじゃないですかって。

そしたらジェットダイスケは「動画だと全て話せるけど、今度は写真1枚でそれを全て伝えたい」って。逆にレベルが高いって。だから個展をしてるんですけど、やっぱりレベルが高いんですね。そしたら彼は今後写真家として活動するかもしれないし、きっかけがYouTubeで、今これをやってます、っていう人が増えて来る可能性は高いですね。

鈴木おさむ
鈴木さん

あー、確かにそれは思いますね。テレビだと、芸人さんだったら芸人さんじゃないですか。まあ映画監督やったりもしますけど。YouTuberの人って、そこが通過点なんじゃないかって思いますね。

ヨッピー
ヨッピー

たしかに。

鈴木おさむ
鈴木さん

フィッシャーズのシルクさんとかも、あれだけ編集技術が上手かったら、彼に映画撮らせたらどうなるのかな、って。
YouTuberって、それにあんまり縛られないですよね。

鎌田和樹
鎌田さん

瀬戸弘司っていうYouTuberは、元々舞台役者をやってたんですけど役者としては売れなくて、でも編集をしなくちゃいけなくなって、やってたら編集が面白くなっちゃって、逆にYouTubeの方が得意になっちゃったけど、でも彼はこのあとまた脚本書きたいってなるかもしれないし。そうなるとやっぱり通過点なんですよね。

更にはまだみんな平成何年生まれとかで若いんで。

ヨッピー
ヨッピー

そう。そうなんですよ……。みんな若いんですよね……。

鎌田和樹
鎌田さん

じゃあ10年後もYouTubeかっていうと、やりたいとかやりたくないとかじゃなくて、そもそもその頃に何をしているかがわからないっていう意味で通過点になってる可能性は高いですよね。

鈴木おさむ
鈴木さん

もしかしたら飲食店の新しい方式を産み出したりするかもしれないですよね。

ヨッピー
ヨッピー

確かに。飲食店のプロがちゃんと設計した飲食店と、HIKAKINさんがなんとなく作った飲食店だったら、HIKAKINさんの飲食店の方が人気出るかも知れないですしね。

鎌田和樹
鎌田さん

僕、テレビとネットっていう関係において、昔は悔しかったんですよ。ちょっと下に見られる感じが。でも今はちょっと違って、世界がそもそも違うんだな、っていう。HIKAKIN達の動画をテレビで流したら面白いかっていうとわからないし。でもこの先、お互いが進んでいく中で、どこかのタイミングでお互いが出した飲食店でどっちが面白いのか、みたいな事になった時に、ここで初めて勝負がつくのかなと思ってますね。
やっとそういうフェーズに上り始めたかな、って。

 

 

ヨッピー
ヨッピー

僕が勝手に想像しているのは、なんとなく「テレビの2軍としてのインターネット」っていう構図になりえるんじゃないかと思っていて。インターネットで活躍して数字を残した人だけが、1軍である地上波テレビに出れる、みたいな。そういう図式になるんじゃないかなって。

俳優さんも、舞台から引っ張ってくるんじゃなくて、YouTuberの人を連れてきたら数字が取れるじゃん、みたいな。短絡的と言えば短絡的な計算だし、文化としてそれが良いか、って言ったらわからないんですけど、でも結局はそうなってくのかな、ってちょっと思ってるんですよね。

鎌田和樹
鎌田さん

やっぱり、インターネットの人達っていうのは、テレビに対して根本的に「悔しい」って思ってるはずなんですよね。これがあと何年かすると変わっていくのかな、って。ヨッピーさんなんてインターネットの人ですもんね。

ヨッピー
ヨッピー

そうですよほんとに。

鎌田和樹
鎌田さん

逆に質問なんですけど、テレビ局の人がヨッピーさんに、「素晴らしいね!テレビ出て下さい!」みたいになったら、それって違うんじゃないですか?

ヨッピー
ヨッピー

僕はね、さっきみたいな、YouTuberみたいな、年収いくらですか?わーすごーい!みたいな出方だったら嫌だな、って思ってるんですよ。

鎌田和樹
鎌田さん

じゃあ、ヨッピーさんの番組を好きにどうぞ、ってなったら出たいっていう感じですよね。

ヨッピー
ヨッピー

そうそう。少なくとも自分で考えたものをやりたいですね。

鎌田和樹
鎌田さん

でも、それを認められたからといって、じゃあテレビに行きたいのか、って言われると、行ったからってどうにかなる世界でもないなって思っていて。

鈴木おさむ
鈴木さん

やっぱりテレビって大変ですよ。すごく色んなものを切って売らなければいけない。

鎌田和樹
鎌田さん

いやー、怖い世界ですね(笑)。

鈴木おさむ
鈴木さん

こないだバカリズムさんが面白い事を言ってて、「テレビで売れた人はひとつ別れ道がある、それは司会をやるかどうかだ」って。

鎌田和樹
鎌田さん

あー、なるほど。

鈴木おさむ
鈴木さん

それってすごいいい意見だなと思っていて、司会をやる人って、「自分が面白いと思ったことをやる人」ではないじゃないですか。まあさんまさんはもう司会とかじゃなくてさんまさんのトークショーだから稀有な例ですけど、その司会をやってる時って僕らが思う、その芸人さんの面白さじゃない時があるじゃないですか。YouTuberも同じで、YouTuberでわーっとブレイクして、テレビに出た時に、その人の良さが本当に出るかっていう難しさがあって。

鎌田和樹
鎌田さん

やー、それは本当に難しいですね。

鈴木おさむ
鈴木さん

YouTuberがブレイクして俳優さんになった人が居て、テレビに出た時に俳優さんとして扱われてそれで更にブレイクするかっていうと違う問題になる気がします。
だったら、そっちに行かずに、YouTubeドラマに出てた方が、利益も含めてそっちの方が良いんじゃないかって。

鎌田和樹
鎌田さん

どこを切り取って貰えるか、ですよね。YouTuberって撮影も脚本も出演も全部自分達でやるんで、ただ出演してください、だけだと何も良い事ないな、って。

鈴木おさむ
鈴木さん

僕ここ10年で一番テレビで売れた人ってマツコ・デラックスさんだと思うんですけど。あのテレビでの対応力と、毒を吐いているように見せかけて吐いてないテクニックとか、好感度の高さ。どの番組を見ても、マツコ・デラックスさんらしい見せ方をするじゃないですか。
ああいうのって、なかなか出来そうで出来ないことなんですよね。

だから、YouTubeとテレビとか、ネットとテレビって、似て非なるものなんですよね。雑誌のエッセイが面白い人をテレビに出して面白いかっていうとまた違ったり。

鎌田和樹
鎌田さん

僕はやっぱ乖離したまんまなのかなって思ってますね。

鈴木おさむ
鈴木さん

まあ、同じ「箱から映像が出て来るもの」なので、どうしても比べられるんですよね。同じモニターから出るものなんで、ライバル視されるっていう。本来全然違うものじゃないですか。Amazon PrimeもNetflixも、やっぱりテレビとは違うし。

鎌田和樹
鎌田さん

そういう意味で僕は「違うものだ」って認識してますけど、でも人って余暇時間は一緒なので、テレビを見る時間が減ってる分、ネット見てる時間ってめっちゃ増えてるじゃないですか。だから今は僕らが有利な戦いではあるんですよね。だからテレビの人達が気付いてないうちにバーンと差をつけたいなって思ってるんです。

鈴木おさむ
鈴木さん

音楽ってすごく変わりましたよね。外から帰ってきてCDを聞くっていう文化がなくなって。じゃあどうやって音楽聞くんだって言ったらやっぱりネットなんですよ。音楽というものがネットとひとつになったんですよね。それってすごい変化だなって思ってて。

で、テレビってアウトプットものがネットと同じなので、地上波が2019年からスマホでテレビが見れるようになるとか発表されてたやつがデカいポイントだなと思ってるんですよね。

鎌田和樹
鎌田さん

確かに、逃げ恥を見てた層も、TVerで見てた人が相当いるんじゃないかって。

鈴木おさむ
鈴木さん

ネットで話題になって、TVerで、とかYouTubeで、とかネット経由で見た人も相当居ると思うんですよ。じゃあ、最終回くらいは地上波のテレビで生で見てあげようか、みたいな。
だから逃げ恥の最終回ってイベントだったと思うんですよ。

鎌田和樹
鎌田さん

あー、なるほどなるほど。

ヨッピー
ヨッピー

最終回の時ってみんなTwitterとかで言ってましたもんね。今日は逃げ恥だ!、って。

鈴木おさむ
鈴木さん

ラピュタが、毎回数字を取るのって、あれみんながネットを見て「バルス!」って言いながら見たいからなんですよね。

鈴木おさむ
鈴木さん

だから、テレビが強いのってイベント感がある時で、そういう時は強烈な強さを発揮しまよね。
だから、テレビも視聴率だけじゃなく、そういうネット経由のものの再生回数とか、そういうデータを取っていれば最終回に数字取った時に褒められるし。

だから、自分でもドラマをやった時に、その「ネットと上手く付き合う」みたいなのは強く感じましたね。

ヨッピー
ヨッピー

まあ、僕は今地上波でやってるテレビ番組なんて、いつかネットで全部見られるようになると思ってるんですね。5年後か10年後かわかんないですけど。
そうなってきたら全部データとか取れますもんね。
すごく、ざっくりした質問なんですけど、テレビの人達って元気なんですか?

鎌田和樹
鎌田さん

(笑)

ヨッピー
ヨッピー

いや、僕の知ってるテレビの人達って、みんな疲れてるんですよ(笑)。

鈴木おさむ
鈴木さん

すごい人はね、めっちゃすごいんです。例えば「イッテQ!」とかね。ああいうすごいものを作ってる人はね、面白いし、感覚が「ザ・テレビ」って感じですね。だからすごい人はすごいです。でも、若い人達で、「俺は人殺してでも面白いものを作るんだ」みたいなテレビマンは少なくなりましたよね。だから、僕が今YouTuberの若い人達と会うと、昔のギラついた努力をするテレビマンに似てるなって思うんです。今はみんな見た目は草食系だからずるいんですけど(笑)。でも、俺は面白いものを作ってやる!みたいな魂が似てるなって思います。

でも、そういうすごい人たちって、良い時代に育ったから今でも頑張っていられるっていう部分があると思うんですけど、でもこうやって色んな事が規制される時代の中で、制作金額も下がってる中で、今作ってる人達っていうのは可哀想だなって思います。

ヨッピー
ヨッピー

僕、日本テレビで昔「進め!電波少年」をやってた土屋さんとお話することがあって、その時に土屋さんが言ってたのが、「あの時は気が狂ってた」と。「何千万人が俺の番組を見るんだ」って思ったら、他の全てがどうでもよくなるって。若手の芸人さんに、これをやらせたら可哀想だな、っていう気持ちとかもあるけど、でも何千万人って見てるから、お前の気持ちなんて関係ないって。それで鬼みたいになってた、って。「今思えばなんだったんだろう」って。
そういう、狂気みたいなものを抱えてる人達は、やっぱり減ってるんですかね。

 

 

鈴木おさむ
鈴木さん

それを言うと、そもそもそれを作れない環境になったっていうのもあるので、そういう人はいないでしょうね今は。芸人さんもそうですけど。昔はとんねるずさんの番組で、カメラの前で人を殴ってね。僕らは笑ってましたけど、今だとカメラの前で人殴ったら逮捕されんじゃねぇか、って(笑)。

ヨッピー
ヨッピー

ハッハッハ!

鈴木おさむ
鈴木さん

二日酔いでテレビ出たらめっちゃ怒られますよ。それを笑っていた時代と、笑えなくなった時代と。でも、YouTubeもそうですよね。みんな真面目だし。だから時代は変わりましたよね。メディアも、楽しみ方も。
でも、だからこそ面白いですよね。僕はテレビも好きだし、ネットも大好きなので。
だからテレビが必要としてくれるなら、もがいていたいし、ネットに何か良いヒントはないかな、って思うし。
逆にネットで何かやるなら、僕はテレビで培ったツールとか、そういうものがネットで活きるんだったらお手伝いしたいなっていうのはすごく思ってます。

ヨッピー
ヨッピー

ネットもテレビも、結局根底にあるのは「面白いことがやりたい」みたいな事なので、そういう意味では合流というか、一緒にやれる事はあるはずですよね。

鎌田和樹
鎌田さん

フォーマットの違いはあってもね。

鈴木おさむ
鈴木さん

僕が昔、「いきなり!黄金伝説。」っていう番組でやってたことを、今YouTuberの子がやってたりするじゃないですか。水溜りボンドが無人島行ったり。
で、僕「街中に自動販売機ってめっちゃ多いな」思ったんですよ。それで、自動販売機に突き当ったら絶対に1本買って飲まなきゃいけないっていうの面白いなって思ったんですよ。そのルールだと一駅歩くの大変だな、って。

ヨッピー
ヨッピー

そりゃそうですね(笑)。

鈴木おさむ
鈴木さん

しかも絶対炭酸買うっていう。

鎌田和樹
鎌田さん

ハッハッハ!

鈴木おさむ
鈴木さん

それで、自動販売機を避けながら、1駅歩くのに何本飲まなきゃいけないかっていう。黄金伝説の深夜帯みたいなものがあればそういうのも出来るなって思うんですけど、いまだと出来ないから水溜りボンドに「こういうのどう?」って聞いたら「黄金伝説みたいですね」って言われて(笑)。でも、サントリーの自販機があってコーラの自販機があってっていうスポンサーの関係がややこしいし、コーラ5本飲んで吹き出してる所なんてテレビで放送できないし、自分のアイデアを消化できないから。

鎌田和樹
鎌田さん

そういうのをYouTuberにやってもらうっていう。

鈴木おさむ
鈴木さん

僕、自分でやった黄金伝説の企画で、「ニワトリが生んだ卵だけで生活する男」っていうのがあって。

鎌田和樹
鎌田さん

あー!ココリコの田中さんがやってたやつ!

ヨッピー
ヨッピー

見た見た!

鈴木おさむ
鈴木さん

僕がまだ若くて、一番ギラギラした時に、「田中さんがニワトリの卵だけで生活するってどうすかね?」って言ってやるわけですけど、今だったらダメですよね(笑)。
ニワトリを部屋に閉じ込めて動物虐待じゃないのか、みたいな意見もありそうですし(笑)。

だから、スマホを使って、とかね、そういうのを色々とYouTuberの人に「やってみてよ!」ってやってもらえたら良いなって。

ヨッピー
ヨッピー

なるほどなぁ。

 

 

……というわけで本日の対談はいかがだったでしょうか!
鈴木さんがフィッシャーズと一緒に何かを仕掛けようとしているのと同じように、僕のようなライターなら新聞記者や雑誌記者の方がWEBメディアに来るケースも増えてきており、インターネットと他メディアの垣根は徐々に失われつつあるのかもしれません。

ただし、それだけどんどん面白いものが産まれる土壌になるという事でもありますので、今後とも要チェックやで!

 


 

放送作家・鈴木おさむ × UUUM代表取締役・鎌田和樹 × フリーライター・ヨッピー スペシャル鼎談
YouTuberって、何がすごいのかを聞いてみた

【前編】 https://www.uuum.co.jp/article/13206
【後編】 https://www.uuum.co.jp/article/13231

 

 

資料の請求や担当者へのお問い合わせはこちらから