Culture Blog

好きなものを仕事に、入社9ヶ月でチームリーダーへ

好きなものを仕事に、入社9ヶ月でチームリーダーへ

—中途採用でUUUMに入社されましたが、前職ではどのような業務をされていましたか?
新卒で入社した広告代理店で、広告運用者として従事していました。

主に担当していたのは書籍アプリやwebサービスで、GoogleやTikTok、Xなどのプラットフォームにおいて、ユーザーの特性を見据えてどのような配信をしていくべきか、クリエイティブ面も含めた戦略の部分に携わっていました。

—転職を考えたきっかけを教えてください。
入社した広告代理店は、幅広い経験を積ませてくれる一方で、業務量も多く、自分のやりたいことに時間をかけられませんでした。

転職を考え始めたのは、入社して2年が経ち、複数の案件に関わりより実質的で本質的な広告配信の戦略を立てたいと考えるようになったことがきっかけでした。

考える時間と余裕を持った働き方を実現するために転職を決断し、UUUMに入社しました。

—UUUMを選んだ理由はどんなところにありますか?
好きなものを仕事にできる環境で、熱量をもって取り組めると思ったからです。

前職でも趣味である漫画を扱っていましたがYouTubeも好きで、漫画とYouTubeは毎日最低1時間は必ず触れるものでした。またAIや機械学習の進化が広告運用に影響を与える中で、UUUMのクリエイターを起用したクリエイティブ制作の強みに魅力を感じ、その価値を見つけたいと思い、入社を決めました。

—現在の仕事内容を教えてください。
現在は、運用型広告の運用者として、クライアントの広告効果の最大化を図る業務とマネジメントや教育をメインで行っています。

クライアントによっては、提案の介入や案件全体の把握も行います。前職時代からクリエイティブの訴求方法を考えることが好きだったので、ユーザーが見てアクションを起こしたくなる広告クリエイティブ案や、配信実績を分析しさらに効果を改善するアイディアなども積極的に提案しています。

所属するメディア開発部は、運用・営業・クリエイティブの3チームで成り立っているため、営業と一緒にクライアント先へ出向くこともあります。

—入社9ヶ月でチームリーダーに就任した際の心境を教えてください。
チームリーダーになる前からすでにリーダー的な業務を行っていたこともあり、大きな変化はありませんでしたが、徐々に「この事業部を伸ばすためには何をするべきなのか」を考えることが増えました。
自分の中で責任感が大きくなり、視野も広がったと思っています。

就任して半年がたった今は目線を上げて、さらなる事業部全体の拡大を目指し営業戦略にも介入し始めています。

—チームリーダーになって、変化したことはありますか?
チームリーダーになってから、大きく変化したことは、判断する場面が増えたことです。そのときに下す判断が正しいのか確証がない中で、決断を迫られることも多々あります。その中では、「こう思うから判断した」という自分なりの納得感を持つことを意識しています。

運用広告に1番の知見があるのは私たちのチームでなければならないと考え、それに最注力してきました。

しかし、チームリーダーになってからは、運用だけを見るのではなく、最終目的である売上アップを目指して、営業のためにできることも意識するようになりました。
営業チームと一緒にクライアント先に顔を出したり、運用チームの1番の強みである数的根拠を説明したりすることで、チームだけでなく、部署や会社全体の成果を見据えるようになりました。

 —仕事のやりがいは、どんなところに感じていますか?
プレイヤーとしては、自分の考えた戦略で成果が出て、クライアントが喜んでくれることです。また、運用・営業・クリエイティブの3チームがひとつになって取り組んだ案件が賞を受賞したときは、チームの一体感を強く感じ、とても嬉しかったです。

リーダーとしては、他のメンバーが自立して案件を回していたり、営業チームに運用について教えていたりする姿を見ると、やりがいを感じます。メンバーの成長が、チームの成長につながり、それが会社全体の成長につながっていくことを実感すると、モチベーションが上がります。

—今後の目標はありますか?
今後の目標は、UUUMを広告代理店として認められるようにすることです。

UUUMはクリエイターの事務所というイメージが強いですが、代理店としての認知度も高まれば、会社としてさらに強くなり、価値も上がると思います。

そのため、UUUMを代理店としても認められるように挑戦していきたいです。

—UUUMで活躍する人の共通点は何だと思いますか?
運用担当と営業担当で異なりますが、運用で大事なのは、事実に対してどう対処していくかロジカルに考えられる人だと思います。

営業に求められるのは、クライアントに寄り添う姿勢です。クライアントが言っていることをそのまま鵜呑みにするのではなくて、求めていることを汲み取る力が大切だと思います。

特に、現在案件を伸ばしている人は、クライアントの課題や目標を自分ごとのように考え、寄り添った提案ができる人です。

—最後に、UUUMへの転職を考えている方にメッセージをお願いします。
年齢やこれまでのキャリアに関係なく、新しいチャレンジを応援する風土があります。

大切なのは、自分の好きなことややりたいことを実現したいという気持ちです。

UUUMで、一緒に新しい価値を創造しましょう! 

Latest Articles
UUUM Great Zeal Awards 事務局レポート

UUUM Great Zeal Awards 事務局レポート

UUUM初の試み 次世代経営者の育成研修

UUUM初の試み 次世代経営者の育成研修

UUUMで取り組む新卒研修