ニュースリリース

[活動報告2022年2月]UUUM誹謗中傷および攻撃的投稿対策専門チームの活動について

UUUM

UUUM株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 兼CEO:鎌田 和樹、以下、UUUM)は、インターネット上の誹謗中傷および攻撃的投稿からUUUM専属クリエイターを守るための「誹謗中傷および攻撃的投稿対策専門チーム」(以下、本チーム)に関して、2021年8月1日から2022年1月31日までの6ヶ月間についての活動状況について報告いたします。

数値概要

<直近6ヶ月間の具体的対処件数>

2021年8月1日~2022年1月31日  6ヶ月間で46件(月平均 約7. 6件)
(ご参考)
本チーム設置前
2019年7月1日〜2020年6月29日  1年間で  31件(月平均 約2.6件)
定期活動報告2021年8月
2020年8月1日~2021年7月31日  1年間で100件(月平均 約8.3件)

<本チームによる警告または通報によって削除された投稿の割合>

削除率 88.2%
(ご参考)
定期活動報告2021年8月
削除率 62.7%

活動状況の概要

本チーム設置から1年9ヵ月の間に相談・通報があった894件の事例から、トラブル類型やリスクレベルに応じた対応フローの整備・改善を推進し、更なる初動対応の迅速化と実効性の向上に努めております。

なお、近年増加傾向にあるUUUM専属クリエイターに対する殺害予告やストーカー行為において、犯人の検挙につながったケースを含め、実効性が着実に向上していることを示す事案について、以下のとおりご報告いたします。(期間:2020年6月30日〜2022年1月31日)

殺害予告やストーカー行為で犯人検挙につながったケース 5件 
悪質な権利侵害で投稿者特定したケース 2件
投稿者特定に向けて対応中のケース 1件

また、上記には、投稿者が和解金を支払う形で和解が成立したケースも1件含まれます。このことは、投稿者において明確な代償を伴う結果という、実効性向上のひとつの形を表していると捉えております。
当社が積み上げてきたノウハウを活かしつつ、初動対応の迅速化の実現により、本チームによる警告または通報によって削除された投稿の割合は、2021年8月の定期活動報告時と比較して25.5%増加し、高い水準の削除率になっています。

UUUM専属クリエイターに向けられる、Twitter・Instagram・YouTubeコメント欄等を利用した誹謗中傷や、肖像を無断利用したなりすまし・嫌がらせ行為、さらに、名誉毀損や、公表していない個人情報がインターネット上に公開されるといったプライバシー侵害等関連の件数は、いずれも増加傾向にあります。本チームでは、誹謗中傷等投稿の中で悪質なものに対しては、警告及び法的措置(発信者情報開示請求等)を含む断固とした対応を引き続き進めてまいります。

また、本チームが対処する誹謗中傷等投稿のうち、投稿者に加害意識が強くはなかったケース(軽い気持ちで投稿されたケース)も従前より一定数確認しており、本チームの初動対応が、投稿者の意識を変える契機になり得るものとして、引き続き誹謗中傷等防止や啓蒙活動を行ってまいります。

(ご参考:UUUMニュースリリース)
2020年6月30日  UUUM、クリエイターを守るための、誹謗中傷および攻撃的投稿対策専門チームを設置
https://www.uuum.co.jp/2020/06/30/51701
2021年08月30日[定期報告 2021年8月] UUUM誹謗中傷および攻撃的投稿対策専門チームの活動について

https://www.uuum.co.jp/2021/08/30/66452

 

UUUMは今後も、クリエイターの活動をあらゆる面でサポートし、個人がより安心して活躍できる社会をめざしてまいります。

UUUM株式会社 コーポレートサイト
https://www.uuum.co.jp/
UUUM クリエイターサイト
https://www.uuum.jp/
UUUM note
https://note.com/uuum_official/