ニュースリリース

Instagram特化型インフルエンサーマーケティングプラットフォーム『レモネード(LMND)』のインフルエンサーの総フォロワー数が1億人を突破!

UUUM株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:鎌田 和樹、以下、UUUM)は、2019年5月、Instagram特化型インフルエンサーマーケティングプラットフォーム「レモネード(LMND)」(以下、レモネード)のインフルエンサーの総フォロワー数が、1億人を突破したことをお知らせいたします。

Instagramを活用したマーケティング施策のニーズが年々高まる中、レモネードは2016年のサービス開始(※)以来、2年8ヶ月余にわたり、サービスを提供してまいりました。その間、スポンサー企業、インフルエンサー双方にとっての利便性向上と、不正行為対策などに向けたシステム開発を重ね、皆さまに安心してご利用いただけるサービスへと成長し続けております。
※2016年8月に前身である「インフルエンサーワン」としてサービス開始

レモネードのさらなる向上に向けた取り組みの一部をご紹介いたします。

〈メニュー強化〉
レモネードでは、多様化するInstagramの広告メニューへの対応を強化しており、2019年2月には、動画クリエイティブ制作プランも提供を開始いたしました。今後も、タイアップ投稿の動画対応をはじめ、さらにメニューの選択肢を広げてまいります。

〈「フェイクフォロワー」検知強化〉
現在、インフルエンサーマーケティングにおいて、不正行為が課題となっています。その中でも、「フェイクアカウント」を生成する事業者から、インフルエンサーが「フェイクフォロワー」を購入する行為については、特に問題ある行為と認識しております。これに対し、レモネードでは、早い段階から、フラウド(詐欺)を検知するシステムを開発し、対応してまいりました。今後も、「フェイクフォロワー」の検知精度を向上させるべく、開発を進めてまいります。

〈ステルスマーケティング防止に向けた啓蒙〉
レモネードでは、ステルスマーケティングを防止するための啓蒙活動を、クライアント、インフルエンサーに対して実施してまいりました。今後もステルスマーケティングの防止に向け、WOMマーケティング協議会(WOMJ)などと連携して啓蒙活動を継続してまいります。

〈参考資料〉
国内のインフルエンサーのカテゴリの割合は以下のとおりです。

当社は、今後も高い技術力を活かし、インフルエンサーマーケティングのより効率的な運用を目指し、「レモネード」の新機能の開発・提供を通じ、皆さまの利便性の最大化に尽力してまいります。

レモネード(LMND)について
Instagramにおけるインフルエンサーマーケティングを行いたい事業会社、広告会社、媒体社向けに提供しているプラットフォームです。インフルエンサーマーケティングをデータ駆動に、速く、簡単に実施する事ができます。フェイクフォロワー予測、インプレッション予測、フォロワーの男女比予測など様々な機能を搭載しております。料金体系はフォロワー数従量課金、平均エンゲージメント課金を採用しております。初期費用、月額費用はかかりません。現在国内のInstagramクリエイター約3,000名が利用しており、企業は約1,000社が利用しております。
※ Instagramは米国およびその他の国におけるInstagram, LLCの商標です。
※ LMNDはステルスマーケティング防止に向け下記3施策を行なっております。
1. 企業がインフルエンサーへのブリーフィングを記入する際に、投稿に企業との関係性の明示を必須とする依頼内容を予め自動的に挿入しており、企業側がその内容を編集不可能な形式で提供しております。
2. UUUMにて、企業が記入したブリーフィング内容の審査を行っております。
3. インフルエンサーに対して、企業との関係性の明示を行なっているか確認するアラートを出しております。また、ステルスマーケティング防止に関するコンテンツを用意し啓蒙活動を行なっております。

レモネード(LMND)サービスURL
https://lmnd.jp

UUUM株式会社 企業情報サイト
https://www.uuum.co.jp/
UUUM クリエイターサイト
https://www.uuum.jp/