経営方針

経営理念

“セカイにコドモゴコロを”

“セカイにコドモゴコロを”

今までにない楽しみをコドモゴコロある発想で生み出し、人々に「新しい体験」を提供する

経営戦略

“セカイにコドモゴコロを”

“もっとアソビナカマを”

当社は、常に前を向いてスピード感をもってユーザー、クリエイター、クライアント、スタッフ全員で一緒に楽しめる「新しい体験」を創造し続けることで、社会に「新しい価値」を提供してきました。

私たちの最大の資産は新しい体験を創り出す「人」なのです。
そして、ユーザー、クリエイター、クライアント、スタッフといった垣根を越えて、みんなで楽しめる体験を自立的に創り出せる「人」を増やすことで、企業価値が最大化すると考えています。

経営目標

UUUMは今までにない楽しみを「コドモゴコロ」ある発想で生み出し、新たな文化・価値を創造するコンテンツカンパニーです。

「好きなこと、楽しいこと」の延長線上でコンテンツが生まれ、それに共感する人々に受け入れられていく。

個人がメディア化しプラットフォームやメディアを問わず影響力が持てる時代。
そして、送り手と受け手の境界線がなくなり、連鎖的に連なることで生まれる新たな文化や市場。

そんな新時代のエンターテイメント体験を、世界中の全ての人々に届けます。

誰もが主役になり、創造が巡る時代

UUUM 受け手 視聴者 オーディエンス 観客 ファン ビューワー  送り手 インフルエンサー コンテンツ コンテンツ YouTuber クリエイター

テレビ、ラジオなどをはじめ、従来のメディアではコンテンツを制作・発信する人(送り手)とそれを体験する人(受け手)は別々でした。しかし、インターネットの普及により、誰もがコンテンツを発信することが可能となり、一方の受け手も視聴するコンテンツが多様化してきました。一個人がコンテンツの受け手から送り手になり、そこにまたファン・視聴者が生まれるという循環が起こり、新たなブームや文化を生む原動力となっています。
UUUMはそんな新時代をリードする中心的存在を目指します。

UUUM行動規範には、当社の企業理念である「セカイにコドモゴコロを」を実現するにあたり、当社グループのすべての役員及び従業員一人ひとりが守らなければならない倫理的な事業活動に関する行動指針を定めています。

  1. 法令及び社会規範の遵守
  2. 人権の尊重
  3. 適正な労働環境の提供
  4. 情報の管理と保全
  5. 公正な取引
  6. 反社会的勢力への対応