CSR

「Minecraftカップ2021全国大会」へのUUUMの協力について

UUUM株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 兼 CEO:鎌田 和樹、以下、UUUM)は、7月12日よりエントリー受付が開始されるMinecraftカップ2021全国大会(以下、「Minecraftカップ」)に、UUUMがメディアパートナーとして協力し、UUUM専属クリエイターKazuが審査員として参加、CEO鎌田和樹がアドバイザーを務めますのでお知らせいたします。

UUUMは、子どもたちが「Minecraft: Education Edition(以下、「教育版マインクラフト」)で楽しみながら、自身の力で作品を作りあげ、同時にプログラミング思考を身につけることができるという、本大会の教育貢献の理念に共感し、2019年大会より協力しております。

■「Minecraftカップ2021全国大会」について

世界各国の教育現場で活用されている「Minecraft: Education Edition(教育版マインクラフト)」を使用して、全ての子どもたちがプログラミング教育やデジタルなものづくりに触れることのできる機会を創出し、子どもたちのプログラミング思考の醸成を目指す、プログラミング作品コンテストです。

今回で3回目となる、本大会の作品テーマは、「SDGs時代のみんなの家、未来のまち」です。

■作品テーマ: SDGs時代のみんなの家、未来のまち について

SDGs(持続可能な開発目標)とは、この地球上で人々がずっと暮らし続けていくために、国連サミットで採択された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す17の目標から構成された国際目標です。現在、新型コロナウイルス感染症の世界的な流行により、人々のライフスタイルは変わり、住宅のあり方、家族とのつながり方が見直されてきています。コロナ禍は、SDGsの達成への挑戦であると同時に、大きな機会でもあります。

3回目を迎える本大会は、SDGs目標17「パートナーシップで目標を達成しよう」に基づき、多様なパートナーの参画により大会運営が進められております。
本大会では、作品テーマとして、以下の3つのうち、1つ以上のSDGsの目標を取り入れてワールドを制作していただきます。

<3つの目標>

3:すべての人に健康と福祉を
新しい生活様式において、おうち時間に注目が集まっています。みんなが笑顔で幸せになるための、家族のつながりと健康を考えた住まいづくりを提案してください。

7:エネルギーをみんなに そしてクリーンに
快適な暮しを維持しながら、高い断熱性と省エネ設備でエネルギーを大幅に減らす一方、太陽光発電などでエネルギーを創り、家全体でエネルギー「ゼロ」を目指す提案をしてください。

15:陸の豊かさも守ろう
人と自然が共に暮らす豊かな環境を提案してください。鳥や蝶など多くの生きものたちが利用できる地域の在来樹種を植えることで、都会の中でも生きものたちが訪れる豊かな自然環境がつくれます。たとえば、5本の樹を植える場合、3本は鳥のために、2本は蝶のために植栽を計画してみましょう。

■大会概要

◎募集作品のテーマ
SDGs時代のみんなの家、未来のまち
SDGsは、この地球上で、人々がずっと暮らし続けていくために、2030年までに達成しないといけない17の目標です。「3:すべての人に健康と福祉を」「7:エネルギーをみんなにそしてクリーンに」「15:陸の豊かさも守ろう」の3つのうち、1つ以上のSDGsを取り入れて、全ての人々が充実した暮らしを送ることができるワールドを制作してください。

◎期間
エントリー:2021年7月12日(月)~ 9月16日(木)
作品応募 :2021年9月1日(水)~ 9月30日(木)

◎参加対象
18歳以下(2022年4月1日時点)、1人(個人)もしくは30人以内のチーム
※チームでの参加はオンラインでの共同作業を推奨しております。物理的に集まる際はお住いの自治体が出している感染予防対策を遵守した上で共同作業を行ってください。

◎必要な環境
① PC/タブレット(Windows 10、Mac OS、iPad、Chromebook)
② 通信インターネット環境
③ 敎育版マインクラフト(Minecraft: Education Edition)のライセンス※
※学校などの教育機関では、既に教育版マインクラフトのライセンスを所持している可能性があります。ライセンスをお持ちかどうか学校の管理者などに確認してみてください。また、ライセンスをお持ちでない場合でも、公式サイトのエントリーフォームからエントリー期間内のライセンス貸与申請することで、大会期間中に限り無償で使用できるライセンスを借用することもできます。

◎参加費
無料 ※別途インターネット通信費がかかる場合があります。

【審査員】
鈴木 寛(審査委員長、東京大学 教授、慶應義塾大学 教授)
Kazu(動画クリエイター)
正頭 英和(立命館小学校 教諭、Cross Education Lab代表)
髙﨑 正治(王立英国建築家協会 名誉フェロー建築家)
タツナミ シュウイチ(プロマインクラフター、マイクロソフト認定教育イノベーター(MIEE))
堀内 容介(積水ハウス株式会社 代表取締役 副会長執行役員)

【アドバイザー】
青砥 恭(全国子どもの貧困・教育支援団体協議会 代表幹事、NPO法人さいたまユースサポートネット 代表理事)
赤堀 侃司(全日本教育情報化振興会 名誉会長、ICT CONNECT 21 会長)
大西 一平(プロフェッショナルラグビーコーチ)
岡田 武史(元サッカー日本代表監督)
鎌田 和樹(UUUM株式会社 代表取締役 社長執行役員 兼 CEO)
中井 陽子(日本マイクロソフト株式会社 業務執行役員 文教営業統括本部長)
若宮 正子(NPO法人ブロードバンドスクール協会 理事)

【大会パートナー】
ゴールドパートナー:積水ハウス株式会社
シルバーパートナー:日本ユニシス株式会社
メディアパートナー:UUUM株式会社、株式会社インプレス

【主催】
Minecraftカップ全国⼤会運営委員会
構成団体 :公益社団法人ユニバーサル志縁センター、一般社団法人 ICT CONNECT 21
運営委員長:鈴木 寛
事務局長 :池本 修悟

【特別パートナー】
日本マイクロソフト株式会社

【事務局】
公益社団法人ユニバーサル志縁センター、株式会社横田アソシエイツ

詳細は、大会公式サイト(https://minecraftcup.com/)をご覧ください。

■Kazuについて

福井生まれ、福井育ちの超行動派動画クリエイター。ガジェットのレビューを始め、DIYや古民家改築、旅や料理動画、生活の全てを動画にしており、福井弁訛りの癒やしな話し方と、分かりやすいレビューには定評があり、優しい笑顔と明るいキャラクターで人々を魅了している。
ゲーム実況者としての顔も持ち、Minecraft実況シリーズ「カズクラ」は累計11億回以上再生されている。


YouTube :カズチャンネル/Kazu Channel https://www.youtube.com/user/kazuch0924/
Twitter :福井のカズさん https://twitter.com/kazuch0924

 

UUUMは今後も、「セカイにコドモゴコロを」の実現に向け、より多くの子どもたちが学びを得るようなコンテンツづくりや、機会の創出に、取り組んでまいります。

 

UUUM株式会社 コーポレートサイト
https://www.uuum.co.jp/
UUUM クリエイターサイト
https://www.uuum.jp/
UUUM note
https://note.com/uuum_official/