採用BLOG

【Interview】芯を食った提案で事業を「創り」「支える」UUUMのシステムユニット


現在採用サイトで募集している<エンジニア>職・<プロジェクトマネージャー>職の魅力や求める人材像について、現在システムユニットの現場を牽引するリーダー2名にインタビューを行いました。

当職種にご興味のある方は、ぜひご覧ください!

ー早速ですが、まずはそれぞれの入社の理由について教えてください。

中橋 私の場合は、エージェントの紹介が入社のきっかけです。もともとは組み込み系のエンジニアをしていて、カメラのファームウェアなどを作っていました。言語でいうと、メインで使っていたのはC言語です。一方で、Web系の開発をもっとやりたいなとも思っていまして。転職の軸としては、どちらかというと趣味で触っていたRubyやPHPができる会社にいきたい、という思いが強かったですね。自社向けのサービス開発など、自社の課題解決にエンジニアとして関われる環境がいいなと思って会社を探していたんです。

その中で最初に内定をもらったのがUUUMで。当時経営陣に、エンジニアとしてバリバリ活躍されていた方がいらっしゃったのが決め手でした。技術の話をすると止まらないとか、こういう設計って面白いですよねっていう話ができるとか、そういうエンジニアとして成長できるような環境かどうかって、結構大事だと思うんです。私が入社したのは2016年頃で、今よりUUUMの知名度もなかった頃でしたし、実際私もUUUMという会社自体は全然知らなかったのですが、やりたいことができる、かつ面白そうな環境だと思って入社することにしました。

新谷 僕も基本的にはエージェントを使って転職活動を進めていたのですが、そんな中で、唯一採用サイト経由で応募をしたのがUUUMでした。これまで医療系など業界的にはお堅い系のプロジェクトの経験が多かったので、当然エージェントから紹介される求人もそういったものが多くて。一方で、もう少しモダンなことをやっている、若い組織でやってみたいという思いがあったので、UUUMを受けてみることにしたんです。面接の場で直接中橋さんと話をして、一緒に働いてみたいと感じたので入社を決めました。

中橋 新谷さんと面接したときのことはよく覚えていますよ。すごい人が(面接に)来たと、当時社内がざわつきましたから(笑)。

ー実際に、入社してみてどうでしたか?

中橋 作ったものが世に出て、すぐにファンの方が反応してくれるというのが、これまでの仕事と比べると対照的だったこともあり、とても新鮮で嬉しかったのを覚えています。特に、UUUM iDとファンクラブのサイトの立ち上げをやったときのことがすごく印象に残っています。エンジニアじゃない組織と協働しながらプロジェクトを進めるという意味でも、これまでになかなかない経験だったので楽しかったです。

新谷 大変だなと思うことも多いですが、入社してからずっと楽しいなというのも本音です。全社的なシステムの見直しを行うために立ち上げられた中期ITプロジェクトや、サービスのリプレースプロジェクトも楽しいです。新しい他社のサービスについて深く知ることができますし、個人のスキルアップにもなっていると思います。

ー今、システムユニットの課題だと感じることはなんでしょうか?

新谷 現状、エンジニアとして一定のスキルを持つメンバーの人数に対し、より複雑な仕事ができる人、マネジメントができる人が少なかったりするので、次のリーダーを育てていきたいと思っています。

中橋 私もマネジメント層が足りていないというのはすごく感じます。今のシステムユニットだと、私と新谷さんがそれぞれ5チームずつくらいをみているんです。グループリーダーとチームリーダーを兼任しているところもありますし、より効率よく良いものを作るために、本来であればもう少しマネジメントができる人がほしい。新谷さんがおっしゃっていたように、今いるメンバーからリーダーになるような人を育てたいという思いもありますし、これから入社される方にはそういった面での活躍も期待しています。

―働いていて楽しいと思うのはどんなときですか?

中橋 事業の課題解決に、エンジニアとして芯を食った提案ができると一番気持ちいいですよね。UUUMはクリエイターのためのプラットフォームになるという大きなビジョンを掲げていますが、その中でのシステムユニットの役割は、プラットフォームそのものを創ることだと思っています。そうしたビジョンに向けて、日々挑戦できる環境であるというのは楽しいです。

新谷 同感です。僕は先ほどもお話したように、どのプロジェクトも楽しいので(笑)。

中橋 (笑)。今動いている開発案件で特に大きいのが、新谷さんにメインでやってもらっている中期ITプロジェクトなんですよね。お金の流れや、各クリエイター関連のデータなどを、より社内で活用するにはどんなシステム構成が良いのかを提案・実行するという、UUUMの企業イメージからは少し離れた、地味な仕事かもしれません。ただ、扱っているデータは派手ですし、うちでしか出てこないデータもあるので、そのあたりの面白さはあるでしょうね。

新谷 UUUMという会社に対して、THE・エンタメ企業というイメージを抱かれる方も多いと思うんです。でも、エンジニアに関しては特に、別にエンタメがものすごく好きな方ではなくとも、「地味な仕事が好き」だとか「エンジニアリングの力を持ってエンタメに貢献したい」という方でも十分に楽しいと思える仕事なんじゃないかなとは思いますね。

―システムユニットって、どんな組織なんでしょうか?

中橋 技術的な部分に貪欲なメンバーが多く、少しでもシステムを良くしようという志を持って業務に励んでいる人ばかりです。「技術力を大事にしよう」という考え方がシステムユニットの根底にあるので、勉強会や技術ブログの投稿なども業務時間内でやるようにしていますし。開発体制は、プロダクトごとに開発チームを細かく分けて、それぞれのチームで技術選択や設計の方針などを自分たちで決められるようにしています。入っているプロジェクトが初期開発フェーズであればチームの人数も多いですし、逆にメンテナンスのフェーズだったら1人で2〜3のプロジェクトに入って掛け持ちしてもらうようなパターンもありますね。

新谷 試用期間内外問わず裁量労働制かつリモート推奨で開発を進めているので、エンジニアにとっては働きやすい環境だと思います。一方で、コミュニケーション不足による孤独感が生まれないよう、雑談できる場を作ったり、勉強会もしばしば開催されていたりするので、このあたりも積極的に活用して楽しめる方には、より働きやすいなと思ってもらえる環境だと思います。

―どんな方にご応募いただきたいですか?

中橋 事業を理解し、より成長するためのシステム開発をするという視点を持った方にご応募いただきたいです。プログラミング上のテクニックを身につけた上で、課題解決において、持っている技術知識の中からどの引き出しを選ぶのかという観点に、「事業」という大きな軸がある方がいいなと思います。

新谷 UUUMが会社としてどのポジションでも求める「自立人材である」というのは前提として、PMなら推進力・調整力のある方、事業を理解してシステムに落とし込む力のある方にはぜひお越しいただきたいなと思っています。僕が今メインで関わっている中期ITプロジェクトは、まだまだ中盤。これから、さらに細かく要件定義・業務フローの整理をして、システムと絡めた新たな業務フローを設計し、それを実現できるシステムを開発していかなければなりません。まだまだこれからが面白いフェーズだと思いますので、面白いことをやってみたいと思う方はぜひ一度ご応募ください!

※掲載内容は公開日時点のものです

 

▶︎UUUMの<エンジニア><プロジェクトマネージャー>職の採用に関する情報はこちら

資料の請求や担当者へのお問い合わせはこちらから