採用BLOG

【Interview】経理の知識を活かし、現場と経理・財務の架け橋に。UUUMで拓く新しいキャリア


ー仕事内容について簡単に教えてください。

「業務管理」は、一般的な企業ではあまり聞かない名前の職種かと思いますが、一言で言うと、事業部門と経理・財務部門をつなぐ橋渡しのような役割を担う職種です。UUUMは2年ほど前まで、売上から原価、販管費まで、すべて経理が計上を行い財務がチェックをするという体制を取っていたのですが、会社が大きくなるにつれ「会社の成長にあわせて経理や財務の体制も変えなきゃいけないよね」という話になりまして。そうしてできたのが、「業務管理」という職種です。

ー「業務管理」という職種が生まれた背景について、もう少し詳しく教えてください。

経理や財務は、定期的に取り組まなければならない業務が多く、事業部門が今どういった事業を行っていて、計上業務においてどういった点に課題を感じているのか、なかなかリアルタイムでキャッチするのが難しいんです。特にUUUMは事業柄、その事業内容を時勢に合わせて変えることも頻繁にありますから。また、一方で計上業務を経理に依頼する事業部門側のバディやプランニングなどのスタッフは、当然ながら経理スタッフほど専門知識がないので、どこまでどうやって伝えたら経理や財務が処理をしてくれるのか・しやすいのか、という観点がわからなかったりするんです。そこの間に入って経理的な観点や知識を持ちながらも、実際に業務にあたっている事業部門側の声を聞いて、実態に即した形でお金周りの処理を行うというような業務を担う職種があった方が良いということが、業務管理という職種が生まれた背景です。

ー一般的な企業の職種で、近いものはあるのでしょうか?

「支店経理」や「営業事務」と呼ばれる職種が近いのだろうと思います。ただ、少し特殊なのは、私たちは売上と原価の数字を、文字通り責任を持って計上をしているということです。その2つの数字に関しては、私たち業務管理が、財務や経理よりもより事業部門に近いところで仕事をして数字のロジックも把握しているからこそ、しっかりと責任を持つようにしています。四半期に一度監査法人から提出を求められる資料の準備についても、売上や原価に関する部分は業務管理が担当するんですよ。先ほどは「支店経理」や「営業事務」が職種としては近いのだろうとお話をしましたが、そう言う意味でいうと、監査対応の一端まで経験することができるという観点から言えば、「財務」にも比較的近い仕事かもしれません。

ーどんな方に向いているポジションでしょうか?

スキルとしては、会計システムを何かしら使ったことがあれば問題ないかなとは思いますが、少なからず経理的な経験や知識はかじってないと難しいポジションかなと思います。また、UUUM自体がまだまだ様々なシステムの導入を検討・実際に導入し、より効率的な業務体系を確立していこうと試行錯誤を重ねている段階なので、ITツールの数自体もシステム移行の回数自体も少なくありません。そういった点を考えると、個別の「このシステムなら使えます」という方よりは、IT全般に抵抗感がなくて、新しいツールなどでも勉強しようと思える方のほうが向いているかなと思います。

マインドでいうと経理をバックグラウンドに、幅広い仕事をやってみたいという方には向いている仕事かなと思います。「業務管理」という言葉からすると、なかなか経理と紐づかないかなとは思うのですが(笑)。現場に寄り添って「経理的な観点からすると、こうした方が良いですよ」という改善提案を行ったり、経理には「今こういう事例が現場であるのですが、こういう計上で良いですよね?」という確認を行って調整役を担ったり。業務自体の改善提案を行うこともありますし、一般的な計上業務だけではなくて、ある程度の経験を積めば、(販管費まで含む)予実管理まで担当させてもらえたりもしますから。

ー仕事をしていて大変だなと感じること・面白いと感じる瞬間について教えてください。

大変だなと思うのは、期日に絶対に間に合わせるということですね。そのために、誰にどういう風にどう伝えるべきかというのは、常に試行錯誤している部分です。あとは都度発生する相談に対して、1つ1つ丁寧に対応していかなければならないので、通常の計上業務と日々生じる相談対応業務の両立は難しいなと思います。様々な事情もあり「タイアップ動画の公開日が一月(ひとつき)ずれます」だとか、これだけクリエイターもクライアントの数も多いと、そうした止むを得ない相談がどうしても毎月どこかで発生してしまうので。面白いなと思う瞬間でいうと、やっぱりこれまでできていなかったことができるようになる・実現すると嬉しいですよね。改善提案してその施策が可決されて、無事軌道に乗ったときとか。あとは、純粋に同僚に頼られる瞬間は嬉しいです(笑)。

―現在、業務管理が抱えている課題感について教えてください。

先ほども言ったようにUUUMスタッフ全員に期日を守ってもらうこと、が一番ですね。忙殺されてしまいそうになる気持ちもわかるのですが、まだまだ、計上処理の自分ゴト化が足りないなと思います。そう言った意味では、社内の意識改善は今後もっと働きかけていかなければならない課題の1つです。あとは、純粋にリソースが足りないというのはありますね。こうしたいという目標や思いはあっても「ちょっと今のリソースだとできないよね」という結論になってしまうのが、なんとももどかしいところがあります。スピーディーに進めていきたい反面、全社のお金に関わる部門でもあるので、やっぱり時間をかけてしっかりやっていかなければならないよねという側面もあるので……。そこは、すごく難しいところですね。

―このポジションで入社される方に期待することはなんでしょうか?

今、目の前にある仕事のやり方が正しいと思い込むのではなく、「前の職場ではこういう風にやっていたけど、UUUMではこういうやり方でいいんだっけ?」と、しっかりと自分の視点や考え方を持って仕事に臨んでほしいなと思います。私が新しく入社してくる方に1番期待することは、今までにない新たな視点です。もちろん、即戦力になってくれたらそれに越したことはありませんが、自分で考える力やそれを発信する力はそれ以上に重要だと思っているんです。

―どんな”アソビナカマ”が欲しいですか?

覚えていかなければならないことが多い仕事ではあるので、忘れないように自分でマニュアル作って進めていけるような、勉強熱心な方だと早々にご活躍いただけるかなと思います。あとは、いろいろな部門の方と関わる仕事なので、視野の広い人がいいですね。目の前の課題や出来事だけではなくて、どうしてそれが起こっているのか、解決するためにはどうしたら良いのかを、背景や根本的な原因までちゃんと見て考えられる人だとなお良いなと思います。

 

▶︎UUUMの<業務管理>職の採用に関する情報はこちら

資料の請求や担当者へのお問い合わせはこちらから