採用BLOG

【新卒Interview】大手広告会社からUUUMへ。新卒1年目で感じたもどかしさとUUUMで働く今の楽しさ


ーまずは、現在担当している仕事内容について教えてください!

LMND(レモネード)の営業担当をしています。LMNDは、Instagramにおけるインフルエンサーマーケティングをクライアント向けに提供しているプラットフォームです。また、現在のLMND事業は営業と別に運用担当がいるというわけではないので、案件受注後の運用から納品までを自分で担当しています。

ーLMNDの運用、とは具体的にはどんな仕事なのでしょうか?

まず、案件を受注してきたら、LMNDに登録しているインフルエンサーに対してLMND内で募集を行います。その後、応募してきたインフルエンサーの中から誰を活用するのかを決定し、依頼するインフルエンサーが決まったら、実際の本番投稿まで投稿内容の事前チェックを行うなど、進行管理とクオリティチェックを行うといった感じですね。

ーUUUMが2社目ということですが、元々は何のお仕事をされていたのですか?

前職では、広告会社で広告運用者として働いていました。もともと大学ではマーケティングを専攻していて、インターネット広告には興味があったんです。大学卒業後は、広告業界の中でも、特にいろんな情報が集まる会社で働くのが面白そうだなと思ってメディアレップに新卒で入社しました。

ーUUUMのことを知ったきっかけについて教えてください。

大学時代の知人が動画クリエイターとして活動をしていて、そこからUUUMについて話を聞いたというのが最初ですね。それまであまりSNSもやっていなかったですし、クリエイターの動画を見たこともなかったのですが、それがきっかけでいろいろ見るようになって。

ー新卒で、すぐにUUUMに就職するという選択は考えなかったのですか?

1社目はベンチャーではなく、教育制度や働く環境が整っているところで働きたいと思って、ある程度の規模以上の企業を選考対象にしていました。ただ、実際に働いてみると、制度や組織がしっかり固まっている分、仕事も縦割りの傾向が強く、自分の担当領域しかできないことに、もどかしさを感じるようになってしまったんです。

ーなるほど。それで転職を考えたのですか?

はい。僕の担当領域はSNSの広告運用だったのですが、お客様までの距離がすごく遠かったんですよね。何か新しい提案をするときもまず自社の営業担当に社内営業をして、その営業担当が総合広告会社に提案をして、総合広告会社がさらにクライアントに提案してと、クライアントとの間に何人挟んで仕事をしているんだろうと思いましたし、自分の裁量でできることがすごく少ないなと思いました。そんなときUUUMで働いていた大学時代の友人に声をかけられたことをきっかけに、新卒2年目にして転職することにしたんです。

ー実際にUUUMに入社してどうですか?

良くも悪くも、本当の意味で自分次第だなと思います。どんなお客様に提案を行っていくかという、そもそもの観点から考えて提案することもありますし。特に僕が担当しているLMNDの領域でいうと、UUUMのサービスメニューの中でも元々認知されているタイアップ動画を中心としたサービスよりまだまだ認知度が低いので、問い合わせが中心というわけではなく、自分からどんどん動いていかなければならないなというのをすごく感じます。

ー入社後のギャップなどはありましたか?

そこまで大きなギャップはなかったのですが、身をもって感じたのはやっぱり想像以上に制度や仕組みをつくっている最中ということでしたね(笑)。能動的にやらないと、待っていれば何か仕事が降ってくるような環境ではないですし。でも、自分次第でいろんなものを創っていけるフェイズだとも思うので、そこが今やっていて楽しい部分でもあります。

ー運用担当から未経験の営業として働くことに抵抗感はなかったのですか?

たしかに僕はもともと運用担当者だったので入社した際は営業未経験からのスタートだったのですが、クライアントのところに担当者として説明にあがることはあったのでそこまで大きな抵抗感はなかったです。「若いし、本気でチャレンジしたらできるだろう!」くらいの前向きな気持ちでした(笑)。でも、入社してすぐの頃は、ぜんぜん上手くいきませんでしたね。はじめのうちは「LMNDの営業担当だからLMNDだけ売っていれば良い」と思っていたんですよね。

ーどうやって乗り越えたのですか?

クライアントの目的って、勿論LMNDを活用することではないわけです。上司の助言もあって、そこに気づくことができてからは、「本当にお客様がやりたいこと・実現したいことはなんだろう」という本質を大事にして会話できるようになりました。そこから次第に信頼関係が構築できて、結果的に数字もついてきたと思っています。おかげで、動画クリエイターの案件を主に扱っている他のグループのプランニングメンバーと連携して仕事をする機会もかなり増えてきましたね。

ー将来的にやりたいこと・取り組んでみたいことはありますか?

いずれマネジメントには挑戦してみたいなと思っています。自分1人でやれる仕事の規模には限界があるので、チームメンバーやグループメンバーといった、ともに働く仲間を増やしていくことでより大きな仕事や、面白い仕事に挑戦してみたいと思っています。

―現在はLMNDの営業担当ですが、プランニングへ転向などは考えないのですか?

あまり考えていません。というのも、これは僕個人の意見になるのですが、「LMNDの営業担当はLMNDしか売れない」じゃダメだと思うんです。何がUUUMやインフルエンサーの活躍にとって良いのかを長期的な目線で考えて、UUUM全体としてサービスを売っていけるような営業にならなければいけないなと。そういう意味では今は他のグループのプランニングとも連携が深くなっているので、メインの担当領域としてはLMNDを抱えつつもよりサービスの垣根なく売っていけるような営業になっていきたいなと思っています。

―今のUUUMでの自身の働き方について、素直な気持ちを教えてください。

若いうちは少しでも経験して力をつけていきたいなと思っているので、理想的な働き方ができているかなと思います。部署によってカラーも様々ですし、全く残業しないで働いているという人は流石にいないかもしれませんが、比較的自分のやりたいことや望む働き方を尊重してくれる会社だなというのは感じますね。

―就職活動を行う学生に向けて、メッセージをお願いします。

世間的にはまだまだUUUMって「動画クリエイターのマネジメント事務所でしょ?」っていう印象が強いと思いますが、実際に働いてみると全くそうではなくて。クライアントに直に企画提案を行うこともあれば、広告会社と一緒に仕事をすることもあって、かなりマーケティングプロジェクトの上流から関わることができることも多い会社です。UUUMに入社する・しないに関わらず就活を行うみなさんには、表面的な情報で判断するのではなく、実際にそこで働く人に話を聞いたりして、本当に自分のやりたいこととマッチする会社を見つけてほしいなと思いますね。

 

▶︎UUUMの新卒採用に関する情報はこちら

資料の請求や担当者へのお問い合わせはこちらから