採用BLOG

【Interview】新しい市場を創っていく。より多くのナカマが楽しいと思える環境を創りたい


ー現在の仕事内容について、簡単に教えてください。

今はマルチクリエイターのチームと、新たな取り組みを行うチームの、計2チームのマネジメントを担当しています。前者でいうとチームメンバーのマネジメントがメイン業務ではあるのですが、個別に何組かのクリエイターに対しては、サポートを行う“バディ”と呼ばれる業務も担当しています。後者に関しては、複数のプラットフォームに対して取り組みを行っているのですが、UGC(※ユーザー生成コンテンツ)という一般ユーザーのコンテンツから成り立っている各種プラットフォームが、コンテンツのクオリティを重視する傾向へと変化している中で、クリエイターが投稿するコンテンツに関連した取り組みや、クリエイターを活用した広告メニューの開発の推進などを担当しています

ーUUUMに入社されたきっかけは何でしたか?

かつて一緒に働いていた、前職の上司の紹介ですね。もともとデジタル広告のメディアレップに勤めていたので、UUUMのことは知っていました。とは言っても、声をかけられてすぐUUUMに転職したというわけではなく、メディアレップを退職した後は、一度コンサルティング会社に転職しました。転職後しばらくして担当していたプロジェクトがひと段落したころ、UUUMへ行くことにしました。自分自身もエンタメに救われた経験もあって、これからは自分が好きな業界で、自分の得た知識や経験を活かして挑戦してみたいなと思ったんです

ー実際入社されてみて、どうでしたか?

ベンチャー企業なので、未整備なことは多々あるだろうと思っていたのですが、そこは予想通りでした(笑)。ただ、これまでに得た知識や経験を持って、未整備なことをこれから整備していけるだろうなとも思っていたので、そこはさほど気になりませんでしたね。逆に印象的だったのは、働くメンバーが本当に楽しそうに仕事をしていることでした。いつも楽しそうに盛り上がっているというわけではないんですが、真摯に仕事に向き合う一方で、クリエイターのことも、この事業のことも、本当に好きで働いているんだなというのがひしひしと伝わってきたのを覚えています。率直に「ああ、いいなあこの会社」って思いましたね。

ー当初から、プランニングとして入社されたのですか?

はい。プランニングとして入社して、最初のうちは、OJTで営業同行をしながら会社のことを学びました。そうして3ヶ月ほど学びつつ、会社の現状を知って試用期間が明けるころ、1本の提案書を作ったんです。「営業が案件を受注してきても制作の進行管理をするための専門チームがないので、そのための組織を作りたい」という提案でした。実際に3ヶ月間営業をやってみて気づいたのですが、納品するまでの進行管理に、時間もパワーも想像以上に必要なんですよ。製造業だったら、営業マンが「すみません、今から工場に行って製造進めてくるんで!」って、あり得ないじゃないですか。だから、UUUMにも進行管理から納品までに特化した専門部隊が必要で、営業はしっかりと本分である“営業する”ということに時間をかけるべきだと思ったんです。

ーそれ以外に、今までで印象に残っている仕事は何かありますか?

そうですね……。いろいろあり過ぎて(笑)。UUUMでは様々なことを整備してきました。提案用の会社概要を作ったり、営業推進として調査会社を使ってアンケートを行ったり、それを広報するためのリリースを書いたり。でも、思い返してみると、そんないろいろやってきた中でも特に印象に残っている出来事は、U-FES.ですね。クリエイターのファンの方たちを目の当たりにして、その熱量を肌で感じたときの気持ちは、今でも忘れられません。記憶に残っている出来事といえば、もう1つ。国際的なイベントに、UUUMのクリエイターが参加したことですね。著名人と一緒に並んでいる彼らの姿を見て、改めて「ここまできたんだな」と感慨深かった瞬間でした。

ー仕事をしている上で、特に意識していることについて教えてください。

とにかく楽しむ、ということを意識しています。どんな仕事が来ても全力でやるということはもちろんなのですが、自分自身が楽しんで取り組まないと、アウトプットされるものって決して面白いものにはならないんですよね。どうしても、どこかにイヤイヤ感が出てしまうというか。どうせやるなら楽しい方がいいですし、僕は「楽しめないのだったらやらない」という風に決めています。とはいえ仕事なので、もちろん楽しいことばかりではありません。ただ、そういう場合でも「楽しむためにどうするか?」「どうやったらこの仕事を楽しめるか?」を常に考えて、仕事に取り組むようにしていますね。

ーこれから取り組んでみたいことや、やってみたいことはありますか?

“新しい市場を創る“ということに興味があります。新しい市場を創ることで新たな雇用も生まれますし、クリエイターにもファンにも還元できますし、UUUMで働くメンバーに還元できるものも増えると思うので。単に自分のためだけではなく、人のために何かできることが自分の中で楽しいと思える瞬間なので、そういった意味でも新しい市場を創っていきたいなと思っています。最近、結局自分だけがよくても、自分だけが満足してもしょうがないなって思うんですよね。クリエイターがいて、ファンがいて、クライアントがいて、UUUMで働くメンバーがいて……そういう方たちがいるからこそ、僕が今楽しいと思えることができているのであって、そうした環境・市場を広げるということに、これからはチャレンジしていきたいなと思います。

ーどんなアソビナカマが欲しいですか?

どんなことでも、自立して楽しめる人がいいです。ノリが良いだけとかではなくて、どんな形でもいいと思います。楽しみ方は人それぞれなので、自分が楽しいと思える楽しみ方で、とことん仕事自体を、UUUMで働くことを能動的に楽しめる人がいいなと。そういう人と一緒に働きたいですね。

 

▶︎UUUMの<バディ・プランニング>職の採用に関する情報はこちら

資料の請求や担当者へのお問い合わせはこちらから